Japanese English


東京大学大学院薬学系研究科遺伝学教室へようこそ!!




プログラム細胞死は、ダイナミックな組織形成や組織リモデリングにおいて積極的な役割を果たしています。当研究室の研究から、胚発生や成長老化期では生体ストレスに応じてカスパーゼが段階的に活性化され多様な生理機能を果たすことが明らかになってきました。細胞死シグナルの生体制御とその生理的な役割を個体レベルで明らかにすることで、生体ストレスの受容と応答による細胞社会構築原理の解明を目指しています。細胞社会という視点から時間とともに変化する個体発生、成長、老化、行動を捉える研究課題として、「組織の定足数・サイズ制御」、「神経回路の形成と維持機構」、「発生発達期の代謝制御機構」「冬眠を可能とする分子機構」、「個体行動を司る脳内状態」を対象とした研究を進めています。これらの研究課題の解明に適した様々な生物を研究に活用して、面白い生命現象を新しい視点、最新の解析手法で解明していきます。このように様々な生命現象・生物種を1つの教室で扱うことにより、幅広い視野から対象を掘り下げて探求する力を持った学生を育成します。


News (Last update: 2016.6.22)



Members, News, Publicationを更新しました(2016.6.22)

Members, News, Publicationを更新しました(2016.4.8)

Publication, Newsを更新しました(2016.2.2)

Publication, News, 標語を更新しました(2016.1.21)

Publication, News, Memberを更新しました(2015.10.1)

Publication, Newsを更新しました(2015.8.2)

Member, Newsを更新しました(2015.6.5)

・新年の標語, Publicationを更新しました(2015.2.27)
Publication, News, Memberを更新しました(2015.2.5)

Publication, News, Memberを更新しました(2014.10.15)

Publication, News, Member, English pageを更新しました(2014.8.14)
Publication, Newsを更新しました(2014.6.27)
Publicationを更新しました(2014.5.15)
News, Publicationを更新しました(2014.4.22)

Purpose, Member, Newsを更新しました(2014.4.7)

Publicationを更新しました(2014.4.3)

PublicationNewsを更新しました(2014.2.24)

新年の標語NewsMemberを更新しました(2014.1.16)

PublicationNewsを更新しました(2013.12.28)


2016 Lab集合2
Lab member@2016
東京大学のホームページ

東京大学大学院薬学系研究科のホームページ

東京大学で利用できる電子ジャーナル検索(学内専用)

ラボ内限定





---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
This page is administered by Department of Genetics All Rights Reserved, Copyright © 2015 Department of Genetics