メニュー

EN

イベント

2018/10/11

東工大・藤芳暁先生・セミナー「クライオ1分子観察による分子レベルイメージング」


たった一つの生命現象を発現させるためにも、細胞中では無数の分子が働いている。しかも、これらの分子は単独ではなく、ネットワークを作り機能している。このような複雑系の実体を知るには、その現場を正確に知ることが肝要である。このような目標に対して、生体試料のための電子顕微鏡は、目覚ましく発展している。例えば、細胞外であれば、結晶化せずに生体分子複合体の原子モデルが手に入るようになっている。一方、分解能に弱点があった光学顕微鏡も分解能の改善が見られ、これまで見えなかった微細な細胞内構造が観測されてきている。しかし、どちらの方法でも、細胞内部を分子レベルでイメージングすることはできない。そこで我々は、凍結固定した試料からの蛍光観察するための反射型顕微鏡(クライオ反射型蛍光顕微鏡)を独自開発してきた[1-4]。その結果、蛍光顕微鏡の位置決定精度を分子レベル(サブナノメートル)に引き上げることに成功した[3]。講演では、東工大着任以来、14年間取り組んできたクライオ反射型蛍光顕微鏡の開発について述べた後、最新の実験結果について紹介する。


[1] S. Fujiyoshi et al.; Phys. Rev. Lett. 100, 168101 (2008).
[2] S. Fujiyoshi et al.; Phys. Rev. Lett. 106, 078101 (2011).
[3] H. Inagawa et al.; Scientific Reports5, 12833 (2015).
[4] T. Furubayashi et al.; J. Am. Chem. Soc. 139, 8990 (2017).

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
演題:クライオ1分子観察による分子レベルイメージング
講師:藤芳 暁 先生(東京工業大学 理学院 物理学系・准教授)
日時:平成30年10月11(木)15:50~16:30
場所:薬学系総合研究棟 2 階 E2 セミナー室
主催:生体分析化学教室 船津 高志(内線24761 飯塚 怜)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2018/11/07
セミナー テルアビブ大・Dr. Doron Shabat・セミナー「The Emergence of Aqueous Chemiluminescence : New Promising Class of Phenoxy 1,2-Dioxetanes」開催案内
2018/12/04
セミナー 京大・小野正博先生・セミナー「病態機能解析のための生体分子イメージング法の開発」
2018/12/07
セミナー シカゴ大・Dr. Sangram S. Sisodia・セミナー「Role of the Gut Microbiome on Amyloidogenesis and Microglial Phenotypes in Transgenic Mouse Models」開催案内
2018/10/09
セミナー 東北大・稲田利文先生セミナー「遺伝子発現の基盤装置であるリボソームの動的制御と生理機能」
2018/10/11
セミナー 東工大・藤芳暁先生・セミナー「クライオ1分子観察による分子レベルイメージング」
2018/10/26
セミナー 首都大・久永眞市先生・セミナー「Cdk5によるエンドソーム輸送制御」開催案内
2018/10/19
セミナー 都医学研・松田憲之先生・セミナー「パーキンソン病発症機構から学ぶ – ユビキチン・ミトコンドリア・マイトファジー」開催案内
2018/09/28
セミナー 京大 岩井一宏先生 セミナー「翻訳後修飾によるタンパク質機能調節:ユビキチン修飾系を中心に」
2018/11/02
セミナー 京大・石川冬木先生・セミナー「環境ゆらぎとクロマチン」開催案内
2018/10/12
シンポジウム 第28回光学活性化合物シンポジウム
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑