ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2014/03/17 (Mon)

池谷裕二准教授らが記憶の脳回路痕跡を発見

 薬品作用学教室の池谷裕二准教授らのグループは、脳回路の記憶にかかわるニューロンを同定し、興奮性シグナルが増強することが、記憶痕跡の実態であることを証明しました。その成果は2014年3月16日付けの米科学誌「Nature Neuroscience」にオンラインで掲載されました。

(原著論文)Unbalanced excitability underlies offline reactivation of behaviorally activated neurons

 一度つくられた記憶は、その後、ノンレム睡眠時に脳内で自動再生(リプレイ)されることが知られています。しかし、どのような形で記憶痕跡が脳回路に埋め込まれ、脳がどのようにしてその記憶を取り出し再生するかは、いまだに知られていませんでした。
 池谷准教授らは、記憶に関与したニューロンを、そうでないニューロンとは区別できる特殊な標識法を用いることで、記憶に関わったニューロンが脳スライス標本内でも優先的に活動することを発見しました。この標本を用いることで、脳が極めて精細な興奮性調節に基づいて記憶を再生することがわかりました。これは、デカルト以来350年にわたる謎を解決したのみならず、今後、認知症などの記憶ができない疾患ではどのような問題が生じているのかを解明する手がかりとなることが期待されます。

前の記事へ 次の記事へ

2017/07/12 (Wed) 東京大学とバイオジェン・ジャパン、「脳神経疾患治療学」社会連携講座を開設
2017/06/11 (Sun) 有機合成化学教室の川島茂裕特任講師、山次健三助教、金井求教授らが染色体タンパク質を選択的に酵素に代わって化学修飾する人工的な化学触媒システムを開発
2017/05/27 (Sat) 有機合成化学教室の山次健三助教、川島茂裕特任講師、金井求教授らが染色体タンパク質の狙った部位に化学修飾を導入する触媒を開発
2017/05/24 (Wed) 生体分析化学教室の角田誠講師らは、がんの悪性化にアミノ酸が関与していることを発見
2017/05/18 (Thu) 薬品作用学教室の平木俊光大学院生、小山隆太准教授らがヒトiPS細胞を海馬ニューロンに成熟させることに成功
2017/04/27 (Thu) 生理化学教室の前田深春大学院生、齋藤康太助教、堅田利明前教授は、哺乳細胞の小胞体分泌ドメインの生成機構を新たに解明
2017/04/11 (Tue) 蛋白構造生物学教室の大戸梅治准教授が、平成29年度科学技術分野の文部 科学大臣表彰の若手科学者賞を受賞
2017/03/28 (Tue) 基礎有機化学教室・中島 誠也 JSPS 博士研究員が、リンダウ•ノーベル賞受賞者会議の参加者に選ばれる
2017/02/27 (Mon) 生命物理化学教室の外山侑樹博士研究員、加納花穂大学院生、嶋田一夫教授らが、細胞内シグナル伝達タンパク質の発がん性変異体が、がん化を引き起こす機構を解明
2017/02/07 (Tue) 有機合成化学教室の嵯峨裕ERATO博士研究員、小島正寛大学院生、布施拡学部生、金井求教授らが水素社会の実現を目指したハイブリッド触媒系の開発に成功
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP