ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2014/03/17 (Mon)

池谷裕二准教授らが記憶の脳回路痕跡を発見

 薬品作用学教室の池谷裕二准教授らのグループは、脳回路の記憶にかかわるニューロンを同定し、興奮性シグナルが増強することが、記憶痕跡の実態であることを証明しました。その成果は2014年3月16日付けの米科学誌「Nature Neuroscience」にオンラインで掲載されました。

(原著論文)Unbalanced excitability underlies offline reactivation of behaviorally activated neurons

 一度つくられた記憶は、その後、ノンレム睡眠時に脳内で自動再生(リプレイ)されることが知られています。しかし、どのような形で記憶痕跡が脳回路に埋め込まれ、脳がどのようにしてその記憶を取り出し再生するかは、いまだに知られていませんでした。
 池谷准教授らは、記憶に関与したニューロンを、そうでないニューロンとは区別できる特殊な標識法を用いることで、記憶に関わったニューロンが脳スライス標本内でも優先的に活動することを発見しました。この標本を用いることで、脳が極めて精細な興奮性調節に基づいて記憶を再生することがわかりました。これは、デカルト以来350年にわたる謎を解決したのみならず、今後、認知症などの記憶ができない疾患ではどのような問題が生じているのかを解明する手がかりとなることが期待されます。

前の記事へ 次の記事へ

2017/09/10 (Sun) 低温ストレスによる細胞障害のメカニズムを解明new
2017/08/24 (Thu) 基礎有機化学教室の野上 摩利菜 大学院生、平野 圭一 助教、内山 真伸 教授らが、遷移金属を用いない三重結合のアルキニルホウ素化反応を開発
2017/08/21 (Mon) 生理化学教室の齋藤康太助教が平成29年度日本生化学会奨励賞を受賞
2017/08/16 (Wed) 「薬」の振る舞いと効きめを体内で測る新技術 針状 “ダイヤモンド電極センサー”を使って開発-さまざな病気の治療法や創薬に期待-
2017/08/02 (Wed) 免疫・微生物学教室の堀昌平教授、村上龍一助教らが制御性T細胞(Treg細胞)による新たな免疫抑制メカニズムを解明
2017/08/01 (Tue) 天然物化学教室の森貴裕助教、阿部郁朗教授らが、糸状菌二次代謝産物の複雑骨格生合成に関わる新規異性化酵素の構造解析に成功
2017/07/28 (Fri) 有機反応化学教室・井上将行教授が、スイス化学会レクチャーシップ賞を受賞
2017/07/28 (Fri) 有機反応化学教室の藤野遥大学院生、長友優典助教、井上将行教授らが、抗生物質であるポリオキシン類およびフッ素化誘導体の統一的全合成に成功
2017/07/28 (Fri) 有機反応化学教室・長友優典助教が、天然物化学談話会奨励賞を受賞
2017/07/12 (Wed) 東京大学とバイオジェン・ジャパン、「脳神経疾患治療学」社会連携講座を開設
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP