ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2016/06/16 (Thu)

蛋白構造生物学教室の大戸梅治准教授、石田英子特任研究員、清水敏之教授が、受精において精子と卵子の認識に関わるタンパク質の構造を解明

東京大学大学院薬学系研究科の大戸梅治准教授、石田英子特任研究員、清水敏之教授らの研究グループは、受精において精子と卵子の認識に関わるタンパク質「IZUMO1」(注1)と「JUNO」(注2)の構造を世界で始めて明らかにしました。
 
原著論文:
Ohto, U., Ishida, H., Krayukhina, H., Uchiyama, S., Inoue, N., & Shimizu, T.
Structure of IZUMO1-JUNO reveals sperm-oocyte recognition during mammalian fertilization (Nature)
DOI: 10.1038/nature18596
論文へのリンクはこちら
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature18596.html
 
哺乳類の受精では、まず精子が卵子に接着し、その後両者の膜融合が起こることでそれぞれの遺伝情報が組み合わされ遺伝的に新たな個体が作られます。今回立体構造を明らかにしたIZUMO1とJUNOは、それぞれ精子表面と卵子表面に存在するタンパク質で、両者が複合体を形成することで精子は卵子表面に接着します。いずれのタンパク質も受精において必須であることが分かっていましたが、どのような相互作用で結合しているのかは不明でした。
本研究グループは、IZUMO1単体、JUNO単体、IZUMO1-JUNO複合体の3種の立体構造を明らかにしました。その結果、IZUMO1は細長い構造、JUNOは球状の構造をしていることが分かりました。IZUMO1-JUNO複合体はIZUMO1とJUNOが1対1の比率で結合しており、IZUMO1の中央部とJUNOの疎水性ポケットの裏側が相互作用することで結合していました。
これらの構造情報をもとに、IZUMO1とJUNOの結合を阻害するような新しい作用機構の避妊薬の開発につながることが期待されます。

大学のプレスリリースへのリンク
http://www.u-tokyo.ac.jp/content/400042560.pdf
 
(注1)IZUMO1
縁結びで有名な出雲大社に因んで命名された精子と卵子の融合因子(精子側)。
 
(注2)JUNO
ローマ神話において結婚と出産を司る女神に因んで命名された精子と卵子の融合因子(卵子側)。
 
 

前の記事へ 次の記事へ

2018/01/21 (Sun) 作業記憶(ワーキングメモリ)の脳メカニズムを解明new
2018/01/21 (Sun) 生命物理化学教室の白石勇太郎博士研究員、嶋田一夫教授らが、医薬品の副作用を引き起こす受容体分子の構造変化を解明new
2018/01/10 (Wed) 天然物化学教室の中嶋優大学院生、阿部郁朗教授らが、タンパク質結晶構造に基づく酵素の機能改変によって、多段階反応を触媒する新規酸化酵素の創出に成功
2018/01/09 (Tue) 機能病態学教室の木棚究特別研究員、建部卓也元大学院生、富田泰輔教授らが、アルツハイマー病の病態形成に関わるアストロサイト由来アミロイドβ分解酵素を世界で初めて発見
2017/12/14 (Thu) 機能病態学教室の蔡哲夫大学院生、富田泰輔教授らが、γセクレターゼの活性化に関わる構造変化を世界で初めて解明
2017/12/13 (Wed) 基礎有機化学教室の内山真伸教授が、JT の金澤純一朗研究員(本学卒業生)らのグループと共同で、創薬化学における生物学的等価体 (bioisostere) として近年注目を集めるビシクロ [1.1.1] ペンタンへの非対称二置換導入法を開発
2017/11/30 (Thu) 有機反応化学教室の 長友 優典 助教が平成30年度日本薬学会奨励賞を受賞
2017/11/28 (Tue) 有機合成化学教室の 生長 幸之助 講師が平成30年度日本薬学会奨励賞を受賞
2017/11/27 (Mon) 基礎有機化学教室の 王 超 助教が平成30年度日本薬学会奨励賞を受賞
2017/11/24 (Fri) 基礎有機化学教室の平野 圭一助教が Thieme Chemistry Journal Award 2018 を受賞しました
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP