ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/02/07 (Tue)

有機合成化学教室の嵯峨裕ERATO博士研究員、小島正寛大学院生、布施拡学部生、金井求教授らが水素社会の実現を目指したハイブリッド触媒系の開発に成功

有機合成化学教室の嵯峨裕ERATO博士研究員、小島正寛大学院生、布施拡学部生、金井求教授らのグループは、室温・可視光照射条件における有機分子からの水素ガス放出反応を世界で初めて達成しました。本研究成果はJournal of the American Chemical Society誌のオンライン速報版に掲載されました。
 
水素ガスは、廃棄物として水のみを排出する、究極的にクリーンな次世代エネルギーキャリアです。この近未来型水素エネルギー社会実現のためには、爆発性のある危険な水素ガスを安全・安定な形で貯蔵・運搬し、好きな時に水素ガスとして排出しうるシステムの構築が必要となります。本研究グループは、光触媒、金属触媒、有機触媒の三者を融合したユニークなハイブリッド触媒系を開発することで、世界初の室温・可視光条件における有機分子からの水素ガス放出反応を達成しました。また、分子化学研究所正岡重行准教授らとの共同研究によって、不安定かつ短寿命な反応種を経由する詳細な機構解析にも成功しています。本成果をもとに、元素戦略的に有利な成分から構成され、より少ない量で、より高速な水素ガス放出を可能とする触媒系へと進化させ、触媒開発から水素社会実現へ向けた研究を進めていく予定です。
 
雑誌:Journal of the American Chemical Society
題目:Hybrid Catalysis Enabling Room-Temperature Hydrogen Gas Release from N‑Heterocycles and Tetrahydronaphthalenes
著者:Shota Kato, Yutaka Saga, Masahiro Kojima, Hiromu Fuse, Shigeki Matsunaga, Arisa Fukatsu, Mio Kondo, Shigeyuki Masaoka, Motomu Kanai
DOI番号:10.1021/jacs.7b00253 
アブストラクトURL:http://pubs.acs.org/articlesonrequest/AOR-RrE4wQfUXP857fDPTFXe

前の記事へ 次の記事へ

2017/06/11 (Sun) 有機合成化学教室の川島茂裕特任講師、山次健三助教、金井求教授らが染色体タンパク質を選択的に酵素に代わって化学修飾する人工的な化学触媒システムを開発
2017/05/27 (Sat) 有機合成化学教室の山次健三助教、川島茂裕特任講師、金井求教授らが染色体タンパク質の狙った部位に化学修飾を導入する触媒を開発
2017/05/24 (Wed) 生体分析化学教室の角田誠講師らは、がんの悪性化にアミノ酸が関与していることを発見
2017/05/18 (Thu) 薬品作用学教室の平木俊光大学院生、小山隆太准教授らがヒトiPS細胞を海馬ニューロンに成熟させることに成功
2017/04/27 (Thu) 生理化学教室の前田深春大学院生、齋藤康太助教、堅田利明前教授は、哺乳細胞の小胞体分泌ドメインの生成機構を新たに解明
2017/04/11 (Tue) 蛋白構造生物学教室の大戸梅治准教授が、平成29年度科学技術分野の文部 科学大臣表彰の若手科学者賞を受賞
2017/03/28 (Tue) 基礎有機化学教室・中島 誠也 JSPS 博士研究員が、リンダウ•ノーベル賞受賞者会議の参加者に選ばれる
2017/02/27 (Mon) 生命物理化学教室の外山侑樹博士研究員、加納花穂大学院生、嶋田一夫教授らが、細胞内シグナル伝達タンパク質の発がん性変異体が、がん化を引き起こす機構を解明
2017/02/07 (Tue) 有機合成化学教室の嵯峨裕ERATO博士研究員、小島正寛大学院生、布施拡学部生、金井求教授らが水素社会の実現を目指したハイブリッド触媒系の開発に成功
2017/02/04 (Sat) 分子薬物動態学教室の林久允助教らが、大学発の創薬研究による小児難病(進行性家族性肝内胆汁うっ滞症2型)の医薬品開発に向け、治験(第Ⅱ相試験)を開始
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP