ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/02/27 (Mon)

生命物理化学教室の外山侑樹博士研究員、加納花穂大学院生、嶋田一夫教授らが、細胞内シグナル伝達タンパク質の発がん性変異体が、がん化を引き起こす機構を解明

 生命物理化学教室の外山侑樹博士研究員、加納花穂大学院生、嶋田一夫教授らの研究グループは、核磁気共鳴(NMR)法を用いて細胞内シグナル伝達タンパク質であるグアニンヌクレオチド結合タンパク質(Gタンパク質)の発がん性変異体が、がん化を引き起こす機構を明らかにしました。本研究成果は、2017年2月22日付でNature Communicatiosのオンライン版で公開されました。
 
 
雑誌名:Nature Communications
論文タイトル:Dynamic regulation of guanine nucleotide binding to G proteins revealed by magnetic field-dependent NMR relaxation analyses
著者:Yuki Toyama, Hanaho Kano, Yoko Mase, Mariko Yokogawa, Masanori Osawa, and Ichio Shimada
DOI番号:10.1038/ncomms14523
論文へのリンク:http://www.nature.com/articles/ncomms14523
プレスリリースへのリンク:http://www.amed.go.jp/news/release_20170222-02.html
 
 Gタンパク質は、細胞外からの刺激を細胞内に伝える役割をもつタンパク質です。正常な細胞では受容体タンパク質にリガンドが結合すると、受容体タンパク質がGタンパク質に結合したグアニンヌクレオチドを解離させることで活性化し、細胞増殖などの生理応答を引き起こします。一方で、一部のがん細胞ではGタンパク質に発がん性の変異が生じており、リガンドがないときにも過剰に活性化し続けることで、がん化を引き起こします。これまでに、正常なGタンパク質と発がん性変異体がどのように異なっているのかを明らかにするため、Gタンパク質の立体構造の違いに着目した研究が行われてきました。しかしながら、正常なタンパク質と発がん性変異体のNMRスペクトルにはほとんど違いが観測されておらず、立体構造の違いだけからがん化の機構を説明することは困難でした。
 本研究グループは、この問題を解決するためにタンパク質の静的な立体構造を比較するだけではなく、動的な構造平衡を比較することに着目しました。まず、NMRシグナルの単純な比較だけでは捉えることが困難な構造平衡を、精度よく検出するためのNMR測定法「多量子緩和解析法」を開発しました。この開発手法を用いて、正常なGタンパク質と発がん性変異体の構造平衡の状態を比較しました。その結果、Gタンパク質の発がん性変異体ではβ1ストランドと呼ばれるグアニンヌクレオチド結合部位近傍の構造平衡が顕著に亢進しており、正常なタンパク質よりも活性化した状態へ移行しやすくなることで、がん化が引き起こされることが明らかになりました。
 本成果により、構造平衡の変化に着目した新しい創薬戦略が可能となり、医薬品開発が加速されることが期待されます。

前の記事へ 次の記事へ

2017/05/18 (Thu) 薬品作用学教室の平木俊光大学院生、小山隆太准教授らがヒトiPS細胞を海馬ニューロンに成熟させることに成功new
2017/04/27 (Thu) 生理化学教室の前田深春大学院生、齋藤康太助教、堅田利明前教授は、哺乳細胞の小胞体分泌ドメインの生成機構を新たに解明
2017/04/11 (Tue) 蛋白構造生物学教室の大戸梅治准教授が、平成29年度科学技術分野の文部 科学大臣表彰の若手科学者賞を受賞
2017/03/28 (Tue) 基礎有機化学教室・中島 誠也 JSPS 博士研究員が、リンダウ•ノーベル賞受賞者会議の参加者に選ばれる
2017/02/27 (Mon) 生命物理化学教室の外山侑樹博士研究員、加納花穂大学院生、嶋田一夫教授らが、細胞内シグナル伝達タンパク質の発がん性変異体が、がん化を引き起こす機構を解明
2017/02/07 (Tue) 有機合成化学教室の嵯峨裕ERATO博士研究員、小島正寛大学院生、布施拡学部生、金井求教授らが水素社会の実現を目指したハイブリッド触媒系の開発に成功
2017/02/04 (Sat) 分子薬物動態学教室の林久允助教らが、大学発の創薬研究による小児難病(進行性家族性肝内胆汁うっ滞症2型)の医薬品開発に向け、治験(第Ⅱ相試験)を開始
2017/01/30 (Mon) 薬品作用学教室の高夢璇大学院生、池谷裕二教授らが、人工知能を用いて薬物の副作用を予測することに成功
2017/01/27 (Fri) 天然物化学教室の張驪駻大学院生、阿部郁朗教授らが、自然界で多様なポリケタイド化合物が生み出される遺伝子進化のメカニズムを解明
2017/01/18 (Wed) 有機反応化学教室の川俣貴裕大学院生、長友優典助教、井上将行教授が、高度に酸素官能基化された複雑天然物ザラゴジン酸Cの全合成に成功
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP