ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/02/27 (Mon)

生命物理化学教室の外山侑樹博士研究員、加納花穂大学院生、嶋田一夫教授らが、細胞内シグナル伝達タンパク質の発がん性変異体が、がん化を引き起こす機構を解明

 生命物理化学教室の外山侑樹博士研究員、加納花穂大学院生、嶋田一夫教授らの研究グループは、核磁気共鳴(NMR)法を用いて細胞内シグナル伝達タンパク質であるグアニンヌクレオチド結合タンパク質(Gタンパク質)の発がん性変異体が、がん化を引き起こす機構を明らかにしました。本研究成果は、2017年2月22日付でNature Communicatiosのオンライン版で公開されました。
 
 
雑誌名:Nature Communications
論文タイトル:Dynamic regulation of guanine nucleotide binding to G proteins revealed by magnetic field-dependent NMR relaxation analyses
著者:Yuki Toyama, Hanaho Kano, Yoko Mase, Mariko Yokogawa, Masanori Osawa, and Ichio Shimada
DOI番号:10.1038/ncomms14523
論文へのリンク:http://www.nature.com/articles/ncomms14523
プレスリリースへのリンク:http://www.amed.go.jp/news/release_20170222-02.html
 
 Gタンパク質は、細胞外からの刺激を細胞内に伝える役割をもつタンパク質です。正常な細胞では受容体タンパク質にリガンドが結合すると、受容体タンパク質がGタンパク質に結合したグアニンヌクレオチドを解離させることで活性化し、細胞増殖などの生理応答を引き起こします。一方で、一部のがん細胞ではGタンパク質に発がん性の変異が生じており、リガンドがないときにも過剰に活性化し続けることで、がん化を引き起こします。これまでに、正常なGタンパク質と発がん性変異体がどのように異なっているのかを明らかにするため、Gタンパク質の立体構造の違いに着目した研究が行われてきました。しかしながら、正常なタンパク質と発がん性変異体のNMRスペクトルにはほとんど違いが観測されておらず、立体構造の違いだけからがん化の機構を説明することは困難でした。
 本研究グループは、この問題を解決するためにタンパク質の静的な立体構造を比較するだけではなく、動的な構造平衡を比較することに着目しました。まず、NMRシグナルの単純な比較だけでは捉えることが困難な構造平衡を、精度よく検出するためのNMR測定法「多量子緩和解析法」を開発しました。この開発手法を用いて、正常なGタンパク質と発がん性変異体の構造平衡の状態を比較しました。その結果、Gタンパク質の発がん性変異体ではβ1ストランドと呼ばれるグアニンヌクレオチド結合部位近傍の構造平衡が顕著に亢進しており、正常なタンパク質よりも活性化した状態へ移行しやすくなることで、がん化が引き起こされることが明らかになりました。
 本成果により、構造平衡の変化に着目した新しい創薬戦略が可能となり、医薬品開発が加速されることが期待されます。

前の記事へ 次の記事へ

2017/08/16 (Wed) 「薬」の振る舞いと効きめを体内で測る新技術 針状 “ダイヤモンド電極センサー”を使って開発-さまざな病気の治療法や創薬に期待-new
2017/08/02 (Wed) 免疫・微生物学教室の堀昌平教授、村上龍一助教らが制御性T細胞(Treg細胞)による新たな免疫抑制メカニズムを解明
2017/08/01 (Tue) 天然物化学教室の森貴裕助教、阿部郁朗教授らが、糸状菌二次代謝産物の複雑骨格生合成に関わる新規異性化酵素の構造解析に成功
2017/07/28 (Fri) 有機反応化学教室・井上将行教授が、スイス化学会レクチャーシップ賞を受賞
2017/07/28 (Fri) 有機反応化学教室の藤野遥大学院生、長友優典助教、井上将行教授らが、抗生物質であるポリオキシン類およびフッ素化誘導体の統一的全合成に成功
2017/07/28 (Fri) 有機反応化学教室・長友優典助教が、天然物化学談話会奨励賞を受賞
2017/07/12 (Wed) 東京大学とバイオジェン・ジャパン、「脳神経疾患治療学」社会連携講座を開設
2017/06/11 (Sun) 有機合成化学教室の川島茂裕特任講師、山次健三助教、金井求教授らが染色体タンパク質を選択的に酵素に代わって化学修飾する人工的な化学触媒システムを開発
2017/05/27 (Sat) 有機合成化学教室の山次健三助教、川島茂裕特任講師、金井求教授らが染色体タンパク質の狙った部位に化学修飾を導入する触媒を開発
2017/05/24 (Wed) 生体分析化学教室の角田誠講師らは、がんの悪性化にアミノ酸が関与していることを発見
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP