ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/07/12 (Wed)

東京大学とバイオジェン・ジャパン、「脳神経疾患治療学」社会連携講座を開設

国立大学法人東京大学(総長:五神真、以下東京大学)とバイオジェン・ジャパン株
式会社(社長:鳥居慎一、以下バイオジェン)は、東京大学大学院薬学系研究科に社
会連携講座「脳神経疾患治療学」(講座担当:富田泰輔教授(兼務))を7月1日に開
設し、3年間の共同研究を開始しました。本講座においては東京大学大学院薬学系研
究科における基礎・創薬・疾患科学研究の幅広い領域において保有する最先端の学術
的知見と、バイオジェンが培ってきた脳神経疾患治療法の研究開発技術を融合するこ
とにより、脳神経疾患に対する診断・予防・治療薬開発における新規創薬標的分子や
バイオマーカーを同定し、画期的な創薬研究に繋げることを目的として研究を進めま
す。
 


詳しくはこちら
前の記事へ 次の記事へ

2017/07/28 (Fri) 有機反応化学教室の藤野遥大学院生、長友優典助教、井上将行教授らが、抗生物質であるポリオキシン類およびフッ素化誘導体の統一的全合成に成功
2017/07/28 (Fri) 有機反応化学教室・長友優典助教が、天然物化学談話会奨励賞を受賞
2017/07/12 (Wed) 東京大学とバイオジェン・ジャパン、「脳神経疾患治療学」社会連携講座を開設
2017/06/11 (Sun) 有機合成化学教室の川島茂裕特任講師、山次健三助教、金井求教授らが染色体タンパク質を選択的に酵素に代わって化学修飾する人工的な化学触媒システムを開発
2017/05/27 (Sat) 有機合成化学教室の山次健三助教、川島茂裕特任講師、金井求教授らが染色体タンパク質の狙った部位に化学修飾を導入する触媒を開発
2017/05/24 (Wed) 生体分析化学教室の角田誠講師らは、がんの悪性化にアミノ酸が関与していることを発見
2017/05/18 (Thu) 薬品作用学教室の平木俊光大学院生、小山隆太准教授らがヒトiPS細胞を海馬ニューロンに成熟させることに成功
2017/04/27 (Thu) 生理化学教室の前田深春大学院生、齋藤康太助教、堅田利明前教授は、哺乳細胞の小胞体分泌ドメインの生成機構を新たに解明
2017/04/11 (Tue) 蛋白構造生物学教室の大戸梅治准教授が、平成29年度科学技術分野の文部 科学大臣表彰の若手科学者賞を受賞
2017/03/28 (Tue) 基礎有機化学教室・中島 誠也 JSPS 博士研究員が、リンダウ•ノーベル賞受賞者会議の参加者に選ばれる
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP