ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/01/18 (Wed)

有機反応化学教室の川俣貴裕大学院生、長友優典助教、井上将行教授が、高度に酸素官能基化された複雑天然物ザラゴジン酸Cの全合成に成功

有機反応化学教室の川俣貴裕大学院生、長友優典助教、井上将行教授は、高度に酸素官能基化された複雑天然物であるザラゴジン酸Cの全合成を、入手容易な糖を原料とし、高酸化度な中間体に対する光化学的炭素–水素結合のアシル化を鍵反応として用いることで達成しました。本研究成果は、2017年1月16日付けでJournal of the American Chemical Society電子版に掲載されました。
 
発表論文
掲載雑誌名: Journal of the American Chemical Society
論文タイトル: Total synthesis of zaragozic acid C: Implementation of photochemical C(sp3)–H acylation
著者: Takahiro Kawamata, Masanori Nagatomo, Masayuki Inoue*
DOI: 10.1021/jacs.6b13263

リンク先:http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jacs.6b13263
 
発表概要:
ザラゴジン酸Cおよびその同族体は、哺乳類のスクアレン合成酵素に対する阻害活性を有する天然物です。これらはコレステロール生合成の抑制作用を示すため、新規高脂血症治療薬として期待されてきました。さらに近年、本天然物群は、抗腫瘍剤に有用な性質であるras-ファルネシルタンパク質転移酵素阻害作用や、プリオンおよびアミロイドbペプチドの毒性作用からニューロンを保護する機能、およびデングウイルスの複製ならびにC型肝炎ウイルス産生を阻害する作用を示すことが報告されています。
化学構造の特徴として、2連続四置換炭素を含む高度に酸素官能基化された母骨格が挙げられます。今回、研究グループは、入手容易な糖を原料とし、光化学を利用した炭素–水素結合のアシル化を鍵反応に用いて、ザラゴジン酸Cの全合成を達成しました。本研究において独自に開発し、鍵反応に用いた化学・立体選択的な炭素–水素結合の官能基化は、高酸化度な中間体に対しても予測した選択性を示し、従来では困難であった新しい分子変換を可能としました。そのため、本手法の複雑有機分子の効率的な合成への応用展開が期待されます。

前の記事へ 次の記事へ

2017/11/22 (Wed) 分子薬物動態学教室の林久允助教らが、こどもの肝臓難病の早期診断・治療を可能にする新たな診断法を開発
2017/11/22 (Wed) 天然物化学教室の胡丹特別研究員、阿部郁朗教授らが、合成生物学の手法によるステロイド抗生物質の微生物生産系の構築に成功
2017/11/21 (Tue) 東京大学大学院薬学系研究科の丹治裕美大学院生、大戸梅治准教授、清水敏之教授らの研究グループはコロラド大学および精華大学のグループと共同で、ウィルスや自己由来のRNAを感知して免疫系を活性化するTLR8タンパク質が阻害剤によって活性化が抑制される機構を、世界で初めて解明
2017/11/02 (Thu) 東京大学大学院薬学系研究科の新井洋由教授、田口友彦特任准教授の研究グループが、細胞の増殖に重要な転写共役因子YAPが生体膜リン脂質により活性化されることを世界で初めて解明
2017/10/19 (Thu) 有機反応化学教室の橋本哲大学院生、加藤雄大大学院生、井上将行教授らが、ラジカル反応を鍵戦略とする複雑天然物レジニフェラトキシンの全合成に成功
2017/10/10 (Tue) 衛生化学教室の嶋中雄太特任助教、河野望講師、新井洋由教授が、オメガ3脂肪酸を動かしてアレルギーを促す酵素を発見
2017/10/03 (Tue) 東京大学と日立ハイテクサイエンス、「日立コンビニラボ」を開設
2017/09/10 (Sun) 低温ストレスによる細胞障害のメカニズムを解明
2017/08/24 (Thu) 基礎有機化学教室の野上 摩利菜 大学院生、平野 圭一 助教、内山 真伸 教授らが、遷移金属を用いない三重結合のアルキニルホウ素化反応を開発
2017/08/21 (Mon) 生理化学教室の齋藤康太助教が平成29年度日本生化学会奨励賞を受賞
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP