ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/12/14 (Thu)

機能病態学教室の蔡哲夫大学院生、富田泰輔教授らが、γセクレターゼの活性化に関わる構造変化を世界で初めて解明

機能病態学教室の蔡哲夫大学院生、富田泰輔教授は、エーザイ株式会社の世永雅弘シニアディレクターと共同で、γセクレターゼモジュレーターE2012の作用機序を解明しました。本研究成果は、2017年12月13日付で米国神経科学会誌「The Journal of Neuroscience」に公開されました。
 
発表論文
掲載雑誌名: The Journal of Neuroscience
論文タイトル: Activation of γ-Secretase Trimming Activity by Topological Changes of Transmembrane Domain 1 of Presenilin 1
著者: Tetsuo Cai, Masahiro Yonaga and Taisuke Tomita
DOI: https://doi.org/10.1523/JNEUROSCI.1628-17.2017
論文へのリンクはこちら:
http://www.jneurosci.org/content/37/50/12272
 
研究発表の概要
Aβの凝集性や毒性を規定するC末端長を選択的に短くする化合物であるγセクレターゼモジュレーター(γセクレターゼ制御薬、GSM)はアルツハイマー病治療・予防薬候補と考えられています。我々はこれまでにフェニルイミダゾール型GSMが活性中心サブユニットであるPresenilinの第一ループ領域に結合することを明らかとしていましたが、今回エーザイ社によって作成、開発されたGSMであるE2012もPresenilinの第一ループ領域を標的領域とすること、更にE2012の相互作用の結果、第一膜貫通領域(TMD1)の膜内位置が上向きに変化することを見出しました。これはGSMがγセクレターゼ活性化薬として機能していることが改めて示され、またGSMのもたらすコンフォメーション変化を世界で初めて明らかにすることができました。本研究は当研究科創薬科学連携客員講座 世永雅弘教授(当時、現エーザイ株式会社シニアディレクター)との共同研究の成果です。
 
 


前の記事へ 次の記事へ

2017/08/02 (Wed) 免疫・微生物学教室の堀昌平教授、村上龍一助教らが制御性T細胞(Treg細胞)による新たな免疫抑制メカニズムを解明
2017/08/01 (Tue) 天然物化学教室の森貴裕助教、阿部郁朗教授らが、糸状菌二次代謝産物の複雑骨格生合成に関わる新規異性化酵素の構造解析に成功
2017/07/28 (Fri) 有機反応化学教室・井上将行教授が、スイス化学会レクチャーシップ賞を受賞
2017/07/28 (Fri) 有機反応化学教室の藤野遥大学院生、長友優典助教、井上将行教授らが、抗生物質であるポリオキシン類およびフッ素化誘導体の統一的全合成に成功
2017/07/28 (Fri) 有機反応化学教室・長友優典助教が、天然物化学談話会奨励賞を受賞
2017/07/12 (Wed) 東京大学とバイオジェン・ジャパン、「脳神経疾患治療学」社会連携講座を開設
2017/06/11 (Sun) 有機合成化学教室の川島茂裕特任講師、山次健三助教、金井求教授らが染色体タンパク質を選択的に酵素に代わって化学修飾する人工的な化学触媒システムを開発
2017/05/27 (Sat) 有機合成化学教室の山次健三助教、川島茂裕特任講師、金井求教授らが染色体タンパク質の狙った部位に化学修飾を導入する触媒を開発
2017/05/24 (Wed) 生体分析化学教室の角田誠講師らは、がんの悪性化にアミノ酸が関与していることを発見
2017/05/18 (Thu) 薬品作用学教室の平木俊光大学院生、小山隆太准教授らがヒトiPS細胞を海馬ニューロンに成熟させることに成功
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP