ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2016/06/16 (Thu)

蛋白構造生物学教室の大戸梅治准教授、石田英子特任研究員、清水敏之教授が、受精において精子と卵子の認識に関わるタンパク質の構造を解明

東京大学大学院薬学系研究科の大戸梅治准教授、石田英子特任研究員、清水敏之教授らの研究グループは、受精において精子と卵子の認識に関わるタンパク質「IZUMO1」(注1)と「JUNO」(注2)の構造を世界で始めて明らかにしました。
 
原著論文:
Ohto, U., Ishida, H., Krayukhina, H., Uchiyama, S., Inoue, N., & Shimizu, T.
Structure of IZUMO1-JUNO reveals sperm-oocyte recognition during mammalian fertilization (Nature)
DOI: 10.1038/nature18596
論文へのリンクはこちら
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature18596.html
 
哺乳類の受精では、まず精子が卵子に接着し、その後両者の膜融合が起こることでそれぞれの遺伝情報が組み合わされ遺伝的に新たな個体が作られます。今回立体構造を明らかにしたIZUMO1とJUNOは、それぞれ精子表面と卵子表面に存在するタンパク質で、両者が複合体を形成することで精子は卵子表面に接着します。いずれのタンパク質も受精において必須であることが分かっていましたが、どのような相互作用で結合しているのかは不明でした。
本研究グループは、IZUMO1単体、JUNO単体、IZUMO1-JUNO複合体の3種の立体構造を明らかにしました。その結果、IZUMO1は細長い構造、JUNOは球状の構造をしていることが分かりました。IZUMO1-JUNO複合体はIZUMO1とJUNOが1対1の比率で結合しており、IZUMO1の中央部とJUNOの疎水性ポケットの裏側が相互作用することで結合していました。
これらの構造情報をもとに、IZUMO1とJUNOの結合を阻害するような新しい作用機構の避妊薬の開発につながることが期待されます。

大学のプレスリリースへのリンク
http://www.u-tokyo.ac.jp/content/400042560.pdf
 
(注1)IZUMO1
縁結びで有名な出雲大社に因んで命名された精子と卵子の融合因子(精子側)。
 
(注2)JUNO
ローマ神話において結婚と出産を司る女神に因んで命名された精子と卵子の融合因子(卵子側)。
 
 

前の記事へ 次の記事へ

2017/08/21 (Mon) 生理化学教室の齋藤康太助教が平成29年度日本生化学会奨励賞を受賞
2017/08/16 (Wed) 「薬」の振る舞いと効きめを体内で測る新技術 針状 “ダイヤモンド電極センサー”を使って開発-さまざな病気の治療法や創薬に期待-
2017/08/02 (Wed) 免疫・微生物学教室の堀昌平教授、村上龍一助教らが制御性T細胞(Treg細胞)による新たな免疫抑制メカニズムを解明
2017/08/01 (Tue) 天然物化学教室の森貴裕助教、阿部郁朗教授らが、糸状菌二次代謝産物の複雑骨格生合成に関わる新規異性化酵素の構造解析に成功
2017/07/28 (Fri) 有機反応化学教室・井上将行教授が、スイス化学会レクチャーシップ賞を受賞
2017/07/28 (Fri) 有機反応化学教室の藤野遥大学院生、長友優典助教、井上将行教授らが、抗生物質であるポリオキシン類およびフッ素化誘導体の統一的全合成に成功
2017/07/28 (Fri) 有機反応化学教室・長友優典助教が、天然物化学談話会奨励賞を受賞
2017/07/12 (Wed) 東京大学とバイオジェン・ジャパン、「脳神経疾患治療学」社会連携講座を開設
2017/06/11 (Sun) 有機合成化学教室の川島茂裕特任講師、山次健三助教、金井求教授らが染色体タンパク質を選択的に酵素に代わって化学修飾する人工的な化学触媒システムを開発
2017/05/27 (Sat) 有機合成化学教室の山次健三助教、川島茂裕特任講師、金井求教授らが染色体タンパク質の狙った部位に化学修飾を導入する触媒を開発
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP