ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2016/08/19 (Fri)

有機合成化学教室の関陽平大学院生、生長幸之助助教、金井求教授らが、金属を用いないトリプトファン選択的タンパク質修飾反応の開発に成功

 タンパク質は生体内機能を司る物質であり、医薬品などにも応用されています。 タンパク質の化学修飾法はその機能向上や人工機能付与を行なえる方法論です が、立体構造への影響を最小限にしつつ、高い化学選択性をもってそれを行うこ とは従来困難でした。
有機合成化学教室の関陽平院生、石山隆史院生、佐々木大輔特任研究員、阿部純 平特任研究員、相馬洋平特任研究員、生長幸之助助教、金井求教授のグループ は、独自開発した「安定有機ラジカル」を用いることにより、生物活性ペプチ ド・酵素・抗体などに含まれるトリプトファン残基に対し、多彩な機能性小分子 を結合させ、均質性の高い修飾体を得る方法を開発しました。水中・室温・ほぼ 中性条件・短時間で実施でき、試薬を混ぜるだけの簡便な操作で行えるため、合 成化学が専門でない科学者でも実施可能な、実用性の高い手法です
抗体―薬物複合体に代表される化学修飾を施したタンパク質製剤は、今後大きな 市場の拡大が見込まれています。本成果は、その品質管理・薬効制御などの面で 大きな進展をもたらすことが期待されます。
本成果は、アメリカ化学会誌「Journal of the American Chemical Society」に オンライン速報版で公開されました。

発表雑誌:
雑誌名:「Journal of the American Chemical Society」
論文タイトル:Transition Metal-Free Tryptophan-Selective Bioconjugation  of Proteins
著者:Yohei Seki, Takashi Ishiyama, Daisuke Sasaki, Junpei Abe, Youhei Sohma, Kounosuke Oisaki*, Motomu Kanai*
DOI番号:10.1021/jacs.6b06692
アブストラクトURL:http://dx.doi.org/10.1021/jacs.6b06692
プレスリリース:http://www.f.u-tokyo.ac.jp/~kanai/news/Trp_modification.pdf

前の記事へ 次の記事へ

2016/10/01 (Sat) 基礎有機化学教室の王 東宇大学院生、王 超助教、内山 真伸教授らが、医薬品骨格に多く見られる炭素−窒素結合の新しい分子変換法を開発
2016/10/01 (Sat) 有機合成化学教室の川島茂裕特任講師らが、リボソーム生合成を標的にした新規低分子阻害剤ribozinoindoleの同定に成功
2016/08/19 (Fri) 有機合成化学教室の関陽平大学院生、生長幸之助助教、金井求教授らが、金属を用いないトリプトファン選択的タンパク質修飾反応の開発に成功
2016/08/17 (Wed) 蛋白質代謝学教室の小泉峻大学院生、村田茂穂教授が、プロテアソームの新規合成を促進する分子機構を解明
2016/07/17 (Sun) 細胞情報学教室の名黒功講師が平成28年度日本生化学会奨励賞
2016/06/30 (Thu) 基礎有機化学教室の手塚 則亨大学院生、平野 圭一助教、内山 真伸教授が、医薬品骨格に重要なフェノールおよびアニリン類の新しい合成法の開発に成功
2016/06/30 (Thu) 有機合成化学教室の谷口敦彦研究員、相馬洋平ERATOグループリーダー、金井求教授らが、病原性アミロイド構造のみを区別して酸素化する光触媒を開発
2016/06/25 (Sat) 衛生化学教室の向井康治朗特任助教、田口友彦准教授、新井洋由教授が、病原体の感染を察知し炎症応答を誘導する自然免疫分子の活性化機構を解明
2016/06/16 (Thu) 蛋白構造生物学教室の大戸梅治准教授、石田英子特任研究員、清水敏之教授が、受精において精子と卵子の認識に関わるタンパク質の構造を解明
2016/06/13 (Mon) 蛋白構造生物教室の前川早紀子大学院生、大戸梅治准教授、清水教授が、 自然免疫で働く細胞内センサーの詳細な構造を解明
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP