ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2016/10/01 (Sat)

基礎有機化学教室の王 東宇大学院生、王 超助教、内山 真伸教授らが、医薬品骨格に多く見られる炭素−窒素結合の新しい分子変換法を開発

アミン/アニリン構造は医薬品や機能性分子によく見られる構造単位です。東京大学大学院薬学系研究科の内山 真伸教授の研究グループは、これまで不活性と考えられてきたこれらの C–N 結合を直接分子変換する新たな方法を開発しました。本研究成果は2016年9月30日付でNature Communications (オンライン版)に掲載されました。
 
【発表雑誌】
雑誌名:Nature Communications
論文タイトル:Stille Coupling via C–N Bond Cleavage
著者:Dong-Yu Wang, Masatoshi Kawahata, Ze-Kun Yang, Kazunori Miyamoto, Shinsuke Komagawa, Kentaro Yamaguchi, Chao Wang and Masanobu Uchiyama
DOI番号:10.1038/NCOMMS12937
アブストラクトURL:http://www.nature.com/articles/ncomms12937
 
石油資源を用いるこれまでの有機合成は、C–H結合を変換して価値の高い化合物を合成してきました。しかし、今後は天然資源や機能性分子を直接変換し、環境資源・エネルギーと共存する合成手法が求められています。天然資源や機能性分子は高度に酸化されているため、「C–O/C–N結合」の分子変換法の開発が急務です。しかしながら、これらの結合は一般に安定で分子変換に利用するのは難しいと考えられてきました。今回、研究グループは C–N 結合を直接 Stille カップリング反応に利用する手法を世界で初めて実現しました。本手法は、医薬品や機能性分子を創製する新しい手段となることが期待されます。

前の記事へ 次の記事へ

2016/10/20 (Thu) 蛋白構造生物学教室の張志寛大学院生、大戸梅治准教授、清水敏之教授らの研究グループが、微生物の侵入を感知して免疫系を活性化するTLR7タンパク質の詳細な立体構造を解明
2016/10/01 (Sat) 基礎有機化学教室の王 東宇大学院生、王 超助教、内山 真伸教授らが、医薬品骨格に多く見られる炭素−窒素結合の新しい分子変換法を開発
2016/10/01 (Sat) 有機合成化学教室の川島茂裕特任講師らが、リボソーム生合成を標的にした新規低分子阻害剤ribozinoindoleの同定に成功
2016/08/19 (Fri) 有機合成化学教室の関陽平大学院生、生長幸之助助教、金井求教授らが、金属を用いないトリプトファン選択的タンパク質修飾反応の開発に成功
2016/08/17 (Wed) 蛋白質代謝学教室の小泉峻大学院生、村田茂穂教授が、プロテアソームの新規合成を促進する分子機構を解明
2016/07/17 (Sun) 細胞情報学教室の名黒功講師が平成28年度日本生化学会奨励賞
2016/06/30 (Thu) 基礎有機化学教室の手塚 則亨大学院生、平野 圭一助教、内山 真伸教授が、医薬品骨格に重要なフェノールおよびアニリン類の新しい合成法の開発に成功
2016/06/30 (Thu) 有機合成化学教室の谷口敦彦研究員、相馬洋平ERATOグループリーダー、金井求教授らが、病原性アミロイド構造のみを区別して酸素化する光触媒を開発
2016/06/25 (Sat) 衛生化学教室の向井康治朗特任助教、田口友彦准教授、新井洋由教授が、病原体の感染を察知し炎症応答を誘導する自然免疫分子の活性化機構を解明
2016/06/16 (Thu) 蛋白構造生物学教室の大戸梅治准教授、石田英子特任研究員、清水敏之教授が、受精において精子と卵子の認識に関わるタンパク質の構造を解明
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP