ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2016/02/03 (Wed)

樫尾宗志朗大学院生、小幡史明特任助教(当時)、三浦正幸教授が、脂肪体におけるメチオニン代謝が遠隔的に組織修復に寄与することを発見

遺伝学教室の樫尾宗志朗大学院生、小幡史明特任助教(当時)、三浦正幸教授は、アミノ酸の一種であるメチオニンの代謝経路を脂肪体内で人為的に操作することで離れた組織の修復に影響を与えることを、ショウジョウバエ幼虫を用いて明らかにしました。本研究成果は2016年2月1日付けの米国科学アカデミー紀要「Proceedings of the National Academy of Sciences USA」Early Editionにオンラインで掲載されました。
 
(原著論文):Kashio, S., Obata, F., Zhang, L., Katsuyama, T., Chihara, T., and Miura, M. Tissue nonautonomous effects of fat body methionine metabolism on imaginal disc repair in Drosophila.
http://www.pnas.org/content/early/2016/01/27/1523681113.full.pdf
 
【発表概要】
 組織修復は生体が損傷した際の重要な防御応答の一つであり、個体の生存に不可欠なメカニズムです。多細胞生物の健常性は多くの臓器同士の相互作用によって維持されていますが、組織修復の過程においても他の組織からのサポートが重要である可能性が示唆されてきました。しかしながら、組織修復を支える体内環境因子の分子実体や、その普遍性についての理解は依然として立ち遅れています。
 研究グループは、ショウジョウバエ幼虫の上皮組織をモデルとして、組織修復の遠隔制御を担う遺伝子を明らかにする実験系を構築しました。この実験系を用い、脂肪体(脊椎動物の肝臓や白色脂肪細胞と同様の機能を持つ器官)におけるメチオニン代謝が遠隔的に組織修復に影響を与えることを発見しました。メチオニン代謝経路はショウジョウバエとヒトで共通していることから、本研究成果によって明らかになった遠隔組織による組織修復制御機構の医療への応用が期待されます。
 
【プレスリリースへのリンク】
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160202-2/

前の記事へ 次の記事へ

2016/10/20 (Thu) 蛋白構造生物学教室の張志寛大学院生、大戸梅治准教授、清水敏之教授らの研究グループが、微生物の侵入を感知して免疫系を活性化するTLR7タンパク質の詳細な立体構造を解明
2016/10/01 (Sat) 基礎有機化学教室の王 東宇大学院生、王 超助教、内山 真伸教授らが、医薬品骨格に多く見られる炭素−窒素結合の新しい分子変換法を開発
2016/10/01 (Sat) 有機合成化学教室の川島茂裕特任講師らが、リボソーム生合成を標的にした新規低分子阻害剤ribozinoindoleの同定に成功
2016/08/19 (Fri) 有機合成化学教室の関陽平大学院生、生長幸之助助教、金井求教授らが、金属を用いないトリプトファン選択的タンパク質修飾反応の開発に成功
2016/08/17 (Wed) 蛋白質代謝学教室の小泉峻大学院生、村田茂穂教授が、プロテアソームの新規合成を促進する分子機構を解明
2016/07/17 (Sun) 細胞情報学教室の名黒功講師が平成28年度日本生化学会奨励賞
2016/06/30 (Thu) 基礎有機化学教室の手塚 則亨大学院生、平野 圭一助教、内山 真伸教授が、医薬品骨格に重要なフェノールおよびアニリン類の新しい合成法の開発に成功
2016/06/30 (Thu) 有機合成化学教室の谷口敦彦研究員、相馬洋平ERATOグループリーダー、金井求教授らが、病原性アミロイド構造のみを区別して酸素化する光触媒を開発
2016/06/25 (Sat) 衛生化学教室の向井康治朗特任助教、田口友彦准教授、新井洋由教授が、病原体の感染を察知し炎症応答を誘導する自然免疫分子の活性化機構を解明
2016/06/16 (Thu) 蛋白構造生物学教室の大戸梅治准教授、石田英子特任研究員、清水敏之教授が、受精において精子と卵子の認識に関わるタンパク質の構造を解明
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP