ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2016/06/13 (Mon)

蛋白構造生物教室の前川早紀子大学院生、大戸梅治准教授、清水教授が、 自然免疫で働く細胞内センサーの詳細な構造を解明

東京大学大学院薬学系研究科の清水敏之教授の研究グループは、病原体の感染を察知する細胞内センサータンパク質の一種であるNOD様受容体の立体構造を世界で初めて明らかにました。本研究成果は2016年6月10日付でNature Communications (オンライン版)に掲載されました。

原著論文:
Sakiko Maekawa, Umeharu Ohto, Takuma Shibata, Kensuke Miyake, and Toshiyuki Shimizu, "Crystal structure of NOD2 and its implications in human disease", Nature Communications: 2016/6/10 (Japan time), doi:10.1038/ncomms11813. 
論文へのリンクはこちら:
http://www.nature.com/ncomms/2016/160610/ncomms11813/full/ncomms11813.html

 

私たちの体は細菌やウイルスなどの病原体の感染を防ぐ仕組みが備わっており、病原体の感染を察知する細胞内センサータンパク質が存在しますが、その一つにヌクレオチド結合性多量体ドメイン(NOD)様受容体(NLR)と呼ばれるタンパク質群があります。このタンパク質群は病原体の痕跡や異物を認識(リガンド認識)することにともない複数結合した構造(多量体)を形成することで活性化し、細胞内に病原体感染の情報を伝達することが知られています。

今回研究グループは、NLRの一つとして知られているNOD2が細胞のエネルギー源であるADPと結合しかつ、活性が失われた状態における立体構造をX線結晶構造解析を用いて明らかにしました。その結果、ADPはNOD2内の異なる機能をもつ領域(ドメイン)間の相互作用を媒介するように結合していること、またLRRと呼ばれるドメインにはリガンド認識に関わると推測される穴のような構造(ポケット)が見つかりました。本成果は、NOD様受容体が活性化される機構の解明や、病原体を感知する仕組みを解明していく上で重要な構造基盤となると期待されます。
 

UTokyo Researchへのリンクはこちら:
http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/utokyo-research/research-news/structure-of-an-intracellular-sensor-in-innate-immune-system.html

前の記事へ 次の記事へ

2016/06/13 (Mon) 蛋白構造生物教室の前川早紀子大学院生、大戸梅治准教授、清水教授が、 自然免疫で働く細胞内センサーの詳細な構造を解明
2016/06/10 (Fri) 有機合成化学教室の伊藤太亮大学院生、清水洋平助教、金井求教授が、作り分けの困難な二重結合分子の触媒的選択合成に成功
2016/06/06 (Mon) 基礎有機化学教室・中島 誠也 JSPS 博士研究員が、Reaxys PhD Prize 2016 ファイナリストに選ばれる
2016/04/27 (Wed) 基礎有機化学教室・王 東宇大学院生が、2015 年度中国優秀私費留学生奨励賞を受賞
2016/04/07 (Thu) 細胞情報学教室の服部一輝助教、一條秀憲教授が褐色脂肪細胞の機能を制御する新たなシグナル伝達機構を解明
2016/03/31 (Thu) 衛生化学教室の新井洋由教授が平成28年度日本薬学会賞を受賞
2016/03/12 (Sat) 薬品作用学教室の井形秀吉大学院生、佐々木拓哉助教、池谷裕二教授が、初期に失敗したマウスほど成績がよいことを発見
2016/03/12 (Sat) 乘本裕明君が東京大学総長賞大賞を受賞(2016.3.9)
2016/03/09 (Wed) 天然物化学教室の森貴裕助教、張驪駻大学院生、阿部郁朗教授らが、インドールアルカロイドの生合成リデザインに成功
2016/02/03 (Wed) 樫尾宗志朗大学院生、小幡史明特任助教(当時)、三浦正幸教授が、脂肪体におけるメチオニン代謝が遠隔的に組織修復に寄与することを発見
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP