ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/05/27 (Sat)

有機合成化学教室の山次健三助教、川島茂裕特任講師、金井求教授らが染色体タンパク質の狙った部位に化学修飾を導入する触媒を開発

科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業ERATOにおいて、東京大学大学院薬学系研究科の金井 求 教授、川島 茂裕 特任講師、山次 健三 助教らのグループは、細胞が用いるアセチル化剤(アセチルCoA)を活性化して、標的とするタンパク質の狙った部位に対して、アセチル化を選択的に導入する触媒を開発しました。
本研究成果は、2017年5月23日(米国東部時間)に米国化学会誌「Journal of the American Chemical Society」のオンライン速報版で公開されました。
 
【発表雑誌】
雑誌名: Journal of the American Chemical Society
論文タイトル: Synthetic posttranslational modifications: Chemical catalyst-driven regioselective histone acylation of native chromatin
著者: Yoshifumi Amamoto, Yuki Aoi, Nozomu Nagashima, Hiroki Suto, Daisuke Yoshidome, Yasuhiro Arimura, Akihisa Osakabe, Daiki Kato, Hitoshi Kurumizaka, Shigehiro A. Kawashima*, Kenzo Yamatsugu*, and Motomu Kanai*
DOI番号:10.1021/jacs.7b02138
アブストラクトURL:http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jacs.7b02138
 
【発表概要】
染色体は、ヒストンと呼ばれるタンパク質とDNAから構成されています。ヒストンは生体内の酵素によって、アセチル化などの種々の化学修飾を受けます。化学修飾を受けるヒストンの部位や修飾の種類によって、異なる機能が発現することから、ヒストンの化学修飾は様々な生命現象の制御に関与していると考えられています。
本研究グループは、反応させたい部位の近くでのみアセチルCoAを活性化する、位置選択的な化学触媒DSHを開発しました。この触媒を別のアシルCoAと一緒に用いると、アセチル化のみならず、ヒストンに対して多様なアシル化を導入できました。また、本触媒を用いてヒストンの特定のアミノ酸残基を人工的にアシル化することにより、染色体の物性が変化することを解明しました。このことは、化学触媒を用いることにより遺伝子の転写を人工的に促進できる可能性を示唆しています。
この触媒は、ヒストン化学修飾を介した生命現象を理解するための有用な研究ツールとなるだけでなく、生体内酵素を人工触媒により代替することで疾患を治療する“触媒医療”への応用が期待されます。
 


詳しくはこちら
前の記事へ 次の記事へ

2016/06/13 (Mon) 蛋白構造生物教室の前川早紀子大学院生、大戸梅治准教授、清水教授が、 自然免疫で働く細胞内センサーの詳細な構造を解明
2016/06/10 (Fri) 有機合成化学教室の伊藤太亮大学院生、清水洋平助教、金井求教授が、作り分けの困難な二重結合分子の触媒的選択合成に成功
2016/06/06 (Mon) 基礎有機化学教室・中島 誠也 JSPS 博士研究員が、Reaxys PhD Prize 2016 ファイナリストに選ばれる
2016/04/27 (Wed) 基礎有機化学教室・王 東宇大学院生が、2015 年度中国優秀私費留学生奨励賞を受賞
2016/04/07 (Thu) 細胞情報学教室の服部一輝助教、一條秀憲教授が褐色脂肪細胞の機能を制御する新たなシグナル伝達機構を解明
2016/03/31 (Thu) 衛生化学教室の新井洋由教授が平成28年度日本薬学会賞を受賞
2016/03/12 (Sat) 薬品作用学教室の井形秀吉大学院生、佐々木拓哉助教、池谷裕二教授が、初期に失敗したマウスほど成績がよいことを発見
2016/03/12 (Sat) 乘本裕明君が東京大学総長賞大賞を受賞(2016.3.9)
2016/03/09 (Wed) 天然物化学教室の森貴裕助教、張驪駻大学院生、阿部郁朗教授らが、インドールアルカロイドの生合成リデザインに成功
2016/02/03 (Wed) 樫尾宗志朗大学院生、小幡史明特任助教(当時)、三浦正幸教授が、脂肪体におけるメチオニン代謝が遠隔的に組織修復に寄与することを発見
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP