ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/11/21 (Tue)

東京大学大学院薬学系研究科の丹治裕美大学院生、大戸梅治准教授、清水敏之教授らの研究グループはコロラド大学および精華大学のグループと共同で、ウィルスや自己由来のRNAを感知して免疫系を活性化するTLR8タンパク質が阻害剤によって活性化が抑制される機構を、世界で初めて解明

東京大学大学院薬学系研究科の丹治裕美 大学院生、大戸梅治 准教授、清水敏之 教授らの研究グループはコロラド大学および精華大学のグループと共同で、ウィルスや自己由来のRNAを感知して免疫系を活性化するTLR8タンパク質が阻害剤によって活性化が抑制される機構を、世界で初めて明らかにしました。本研究成果は2017年11月20日付でNature Chemical Biology (オンライン版)に掲載されました。
 
発表論文
雑誌名:Nature Chemical Biology
論文タイトル:Small-molecule inhibition of TLR8 through stabilization of its resting state
著者:Shuting Zhang*, Zhenyi Hu*, 丹治裕美*, Shuangshuang Jiang, Nabanita Das, Jing Li, 坂庭健太郎, Jin Jin, Yanyan Bian, 大戸梅治, 清水敏之† & Hang Yin†(*共同筆頭著者、†共同責任著者)
DOI番号:10.1038/nchembio.251810.1038/nchembio.2518
論文へのリンクはこちら
https://www.nature.com/articles/nchembio.2518
 
自然免疫は病原微生物感染に対する重要な生体防御システムであり、宿主のセンサーが病原体由来分子を認識することで誘導されます。このようなセンサーの中で中心的な役割を果たすのがToll様受容体(Toll like receptor: TLR)です。TLR8は一本鎖RNAの受容体であり、TLR8が過度に応答する現象は、自己免疫疾患に関係するとされています。そのため、TLR8を不活性化する阻害剤は、自己免疫疾患治療薬として期待されています。しかし、阻害剤がどのようにTLR8を不活性化しているのかは、明らかになっていませんでした。
本研究グループは、コロラド大学および精華大学のグループと共同でX線結晶構造解析によりTLR8による阻害剤の認識機構を明らかにしました。阻害剤結合型TLR8は2 : 2の不活性化型2量体を形成し、阻害剤は特徴的な相互作用により認識されていました。これらの阻害剤がTLR8の不活性化型2量体を安定化し、TLR8の活性化を阻害することを明らかにしました。本知見は、構造解析によってはじめて得られたものであり、今後TLR8を標的とした自己免疫性疾患治療薬の開発に寄与すると考えられます。
 


前の記事へ 次の記事へ

2017/01/04 (Wed) 宮沢英延元特任研究員、山口良文准教授、三浦正幸教授らがマウスの胚発生中期に生じるグルコース代謝経路の再編成様式を解明
2016/11/01 (Tue) 有機反応化学教室の枡田健吾博士、長友優典助教、井上将行教授が、自然界に豊富に存在する糖類の直接的な連結法を開発
2016/10/20 (Thu) 蛋白構造生物学教室の張志寛大学院生、大戸梅治准教授、清水敏之教授らの研究グループが、微生物の侵入を感知して免疫系を活性化するTLR7タンパク質の詳細な立体構造を解明
2016/10/01 (Sat) 基礎有機化学教室の王 東宇大学院生、王 超助教、内山 真伸教授らが、医薬品骨格に多く見られる炭素−窒素結合の新しい分子変換法を開発
2016/10/01 (Sat) 有機合成化学教室の川島茂裕特任講師らが、リボソーム生合成を標的にした新規低分子阻害剤ribozinoindoleの同定に成功
2016/08/19 (Fri) 有機合成化学教室の関陽平大学院生、生長幸之助助教、金井求教授らが、金属を用いないトリプトファン選択的タンパク質修飾反応の開発に成功
2016/08/17 (Wed) 蛋白質代謝学教室の小泉峻大学院生、村田茂穂教授が、プロテアソームの新規合成を促進する分子機構を解明
2016/07/17 (Sun) 細胞情報学教室の名黒功講師が平成28年度日本生化学会奨励賞
2016/06/30 (Thu) 基礎有機化学教室の手塚 則亨大学院生、平野 圭一助教、内山 真伸教授が、医薬品骨格に重要なフェノールおよびアニリン類の新しい合成法の開発に成功
2016/06/30 (Thu) 有機合成化学教室の谷口敦彦研究員、相馬洋平ERATOグループリーダー、金井求教授らが、病原性アミロイド構造のみを区別して酸素化する光触媒を開発
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP