ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2015/08/18 (Tue)

有機合成化学教室の井田悠大学院生、西光海研究員、國信洋一郎ERATOグループリーダー(准教授相当)、金井求教授らが、置換困難な位置に選択的に官能基を導入する触媒反応を開発

多くの医薬品や機能性材料は、芳香環に官能基を導入する(芳香環の水素を官能基に置換する)ことで合成されます。しかし、芳香環の特定の位置に選択的に官能基を導入することは容易ではなく、さまざまな反応や触媒の開発が進められています。特に、最も置換することが困難なメタ位への選択的な反応は、置換できる化合物の種類が少ないことや、他の位置に置換された混合物が得られてしまうなどの課題があり、より効率的な反応の開発が望まれていました。本研究グループは、置換反応を進行させる「反応部位」、水素結合により芳香環の置換基を認識する「認識部位」、これらの部位をつなぐ「架橋部位」の3つの部位で構成される独自の触媒を設計し、温和な条件下でメタ位に選択的に官能基を導入することに成功しました。また、目的の化合物をグラム単位で合成できるため、汎用性や実用性の高い反応と言えます。本研究成果により、今後、新たな医薬品や機能性材料の開発や、より効率的な合成法の開発に寄与することが期待されます。
本研究成果は、Nature Chemistryのオンライン速報版で公開されました。
 
原著論文:Yoichiro Kuninobu, Haruka Ida, Mitsumi Nishi & Motomu Kanai “A meta-selective C–H borylation directed by a secondary interaction between ligand and substrate”(http://www.nature.com/nchem/journal/vaop/ncurrent/full/nchem.2322.html
プレスリリース:http://www.jst.go.jp/pr/info/info1122/index.html

前の記事へ 次の記事へ

2016/06/13 (Mon) 蛋白構造生物教室の前川早紀子大学院生、大戸梅治准教授、清水教授が、 自然免疫で働く細胞内センサーの詳細な構造を解明
2016/06/10 (Fri) 有機合成化学教室の伊藤太亮大学院生、清水洋平助教、金井求教授が、作り分けの困難な二重結合分子の触媒的選択合成に成功
2016/06/06 (Mon) 基礎有機化学教室・中島 誠也 JSPS 博士研究員が、Reaxys PhD Prize 2016 ファイナリストに選ばれる
2016/04/27 (Wed) 基礎有機化学教室・王 東宇大学院生が、2015 年度中国優秀私費留学生奨励賞を受賞
2016/04/07 (Thu) 細胞情報学教室の服部一輝助教、一條秀憲教授が褐色脂肪細胞の機能を制御する新たなシグナル伝達機構を解明
2016/03/31 (Thu) 衛生化学教室の新井洋由教授が平成28年度日本薬学会賞を受賞
2016/03/12 (Sat) 薬品作用学教室の井形秀吉大学院生、佐々木拓哉助教、池谷裕二教授が、初期に失敗したマウスほど成績がよいことを発見
2016/03/12 (Sat) 乘本裕明君が東京大学総長賞大賞を受賞(2016.3.9)
2016/03/09 (Wed) 天然物化学教室の森貴裕助教、張驪駻大学院生、阿部郁朗教授らが、インドールアルカロイドの生合成リデザインに成功
2016/02/03 (Wed) 樫尾宗志朗大学院生、小幡史明特任助教(当時)、三浦正幸教授が、脂肪体におけるメチオニン代謝が遠隔的に組織修復に寄与することを発見
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP