ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2015/09/26 (Sat)

小幡史明特任助教(当時)、三浦正幸教授が、Sアデノシルメチオニン代謝の促進が寿命延長に寄与することを発見

遺伝学教室の小幡史明特任助教(当時)、三浦正幸教授は、アミノ酸誘導体であるSアデノシルメチオニン代謝を促進させることで寿命が延長することを、ショウジョウバエをもちいて明らかにしました。本研究成果は2015年9月18日付けの英科学誌「Nature Communications」にオンラインで掲載されました。
 
(原著論文):Obata, F. & Miura, M. Enhancing S-adenosyl-methionine catabolism extends Drosophila lifespan. Nat. Commun. 6:8332 doi: 10.1038/ncomms9332 (2015)
http://www.nature.com/ncomms/2015/150918/ncomms9332/full/ncomms9332.html
 
【発表概要】
摂取カロリーの制限によって生物の老化を遅らせ、寿命を延ばすことができるという事は、酵母、線虫、ショウジョウバエ、マウスからヒトまで種を超えて広くみられる現象です。近年の研究から、必須アミノ酸の一種であるメチオニンだけを制限することでも寿命が延長することが示唆されています。しかし、その詳しいメカニズムは明らかになっていませんでした。
研究グループは、メチオニンそのものではなく、メチオニンから合成されるSアデノシルメチオニン(SAM)の代謝が寿命延長の決定要因であることを、ショウジョウバエを用いて明らかにしました。またSアデノシルメチオニン代謝の促進が、他の良く知られる寿命延長モデル(食餌制限や、インスリンシグナルの抑制など)における寿命伸展の一因であることを発見しました。SAM代謝はヒトにも保存されており、本研究成果によって明らかとなった新たな寿命延長機構のヒトへの応用が期待されます。
 
【大学プレスリリースへのリンク】
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150924-3/

前の記事へ 次の記事へ

2017/01/07 (Sat) 基礎有機化学教室・中島 誠也 JSPS 博士研究員が、井上研究奨励賞に選ばれる
2017/01/04 (Wed) 宮沢英延元特任研究員、山口良文准教授、三浦正幸教授らがマウスの胚発生中期に生じるグルコース代謝経路の再編成様式を解明
2016/11/01 (Tue) 有機反応化学教室の枡田健吾博士、長友優典助教、井上将行教授が、自然界に豊富に存在する糖類の直接的な連結法を開発
2016/10/20 (Thu) 蛋白構造生物学教室の張志寛大学院生、大戸梅治准教授、清水敏之教授らの研究グループが、微生物の侵入を感知して免疫系を活性化するTLR7タンパク質の詳細な立体構造を解明
2016/10/01 (Sat) 基礎有機化学教室の王 東宇大学院生、王 超助教、内山 真伸教授らが、医薬品骨格に多く見られる炭素−窒素結合の新しい分子変換法を開発
2016/10/01 (Sat) 有機合成化学教室の川島茂裕特任講師らが、リボソーム生合成を標的にした新規低分子阻害剤ribozinoindoleの同定に成功
2016/08/19 (Fri) 有機合成化学教室の関陽平大学院生、生長幸之助助教、金井求教授らが、金属を用いないトリプトファン選択的タンパク質修飾反応の開発に成功
2016/08/17 (Wed) 蛋白質代謝学教室の小泉峻大学院生、村田茂穂教授が、プロテアソームの新規合成を促進する分子機構を解明
2016/07/17 (Sun) 細胞情報学教室の名黒功講師が平成28年度日本生化学会奨励賞
2016/06/30 (Thu) 基礎有機化学教室の手塚 則亨大学院生、平野 圭一助教、内山 真伸教授が、医薬品骨格に重要なフェノールおよびアニリン類の新しい合成法の開発に成功
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP