ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2015/11/10 (Tue)

天然物化学教室の松田侑大助教、阿部郁朗教授らが、カビの持つユニークな酵素の発見と合理的な機能改変に成功

 東京大学大学院薬学系研究科の松田侑大助教と阿部郁朗教授らは、テルペノイドと総称される化合物群の合成に関わる新しい酵素を見出し、その機能を解明するとともに、本酵素の一部を改変することで新たな機能を付与できることを発見しました。本研究成果は2015年11月6日付でAngewandte Chemie International Edition (オンライン版)に掲載されました。
 
原著論文:An Unusual Chimeric Diterpene Synthase from Emericella variecolor and Its Functional Conversion to a Sesterterpene Synthase by Domain Swapping  (Angewandte Chemie International Edition) doi: 10.1002/anie.201509263R1
 
論文はこちら: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/anie.201509263/full
 
 テルペノイドは炭素5個からなるイソプレンを構成単位とし、抗がん剤パクリタキセルや抗マラリア薬アルテミシニンなど種々の薬学的に重要な化合物にも含まれます。テルペノイドは、植物、微生物、動物の生体内で主にテルペン合成酵素よって生合成されます。
 今回、研究グループは糸状菌から新規テルペン合成酵素を発見し、この酵素が新規骨格を有するジテルペン(炭素20個からなるテルペン)を合成することを解明しました。本酵素は、炭素5個からなる基本単位を連結し炭素20個からなる直鎖状物質(GGPP)を合成する部位(PTドメイン)と、この直鎖状物質を環化して最終産物を合成する部位を併せ持つ点で特徴的です。同様の多機能酵素はすでに複数知られているものの、多機能酵素を人為的に改変して新たな物質を生み出す試みはなされてきませんでした。興味深いことに、これら酵素の中には炭素25個からなる直鎖状物質(GFPP)を作るPTドメインを持つものもあり、PTドメインを組み替えることで新規化合物が得られる可能性がありました。そこで、先のテルペン合成酵素のPTドメインをGFPP合成酵素と置き換えたところ、炭素25個からなる新たな環状化合物の合成に成功しました。
 本手法は単純かつ他の酵素にも適用可能であると考えられ、未知の構造を有する化合物の生産、ひいては新規医薬品開発の種の発見に繋がるものと期待されます。
 
UTokyo Researchへのリンクはこちら

前の記事へ 次の記事へ

2016/06/25 (Sat) 衛生化学教室の向井康治朗特任助教、田口友彦准教授、新井洋由教授が、病原体の感染を察知し炎症応答を誘導する自然免疫分子の活性化機構を解明
2016/06/16 (Thu) 蛋白構造生物学教室の大戸梅治准教授、石田英子特任研究員、清水敏之教授が、受精において精子と卵子の認識に関わるタンパク質の構造を解明
2016/06/13 (Mon) 蛋白構造生物教室の前川早紀子大学院生、大戸梅治准教授、清水教授が、 自然免疫で働く細胞内センサーの詳細な構造を解明
2016/06/10 (Fri) 有機合成化学教室の伊藤太亮大学院生、清水洋平助教、金井求教授が、作り分けの困難な二重結合分子の触媒的選択合成に成功
2016/06/06 (Mon) 基礎有機化学教室・中島 誠也 JSPS 博士研究員が、Reaxys PhD Prize 2016 ファイナリストに選ばれる
2016/04/27 (Wed) 基礎有機化学教室・王 東宇大学院生が、2015 年度中国優秀私費留学生奨励賞を受賞
2016/04/07 (Thu) 細胞情報学教室の服部一輝助教、一條秀憲教授が褐色脂肪細胞の機能を制御する新たなシグナル伝達機構を解明
2016/03/31 (Thu) 衛生化学教室の新井洋由教授が平成28年度日本薬学会賞を受賞
2016/03/12 (Sat) 薬品作用学教室の井形秀吉大学院生、佐々木拓哉助教、池谷裕二教授が、初期に失敗したマウスほど成績がよいことを発見
2016/03/12 (Sat) 乘本裕明君が東京大学総長賞大賞を受賞(2016.3.9)
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP