ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2015/12/10 (Thu)

有機合成化学教室の山本久美子大学院生、神崎倭大学院生、金井求教授らが、特定の 数・立体の水酸基を有するポリオールを選択的に合成する触媒反応を開発

多くの医薬品や生体材料には、複数の水酸基を有するポリオールと呼ばれる構造が含まれており、薬理作用や材料としての機能に重要な役割を果たしています。このため、ポリオールを含むさまざまな医薬品等の開発が世界規模で進められています。ポリオールを合成するためには、アルデヒドに複数のエノラートを結合させる手法(アルドール反応)が用いられますが、アルデヒドに対して特定の数のエノラートを特定の方向から連続的に結合させることは非常に難しく、結果として、さまざまな数・立体の水酸基を有するポリオールの生成物が混合物として得られてしまうため、これを解決する反応の開発が望まれていました。本研究グループは、アルデヒドに対して特定の方向から結合させられる独自のエノラートを発生させる手法を見出し、これを用いることで、特定の数・立体の水酸基を有するポリオールを選択的に合成することに成功しました。また、さまざまな添加剤と組み合わせて用いることにより、これまでは2連続が限界であったアルドール反応を、3連続および4連続で達成することに成功しました。今後、本触媒反応を用いることにより、これまで合成が困難であった医薬品や新しい生体材料の開発加速につながるものと期待されます。
本研究成果は、米化学会誌「Journal of the American Chemical Society」のオンライン速報版で公開されました。

原著論文:
Luqing Lin, Kumiko Yamamoto, Harunobu Mitsumuma, Yamato Kanzaki, Shigeki Matsunaga, Motomu Kanai "Catalytic Asymmetric Iterative/Domino Aldehyde Cross-Aldol Reactions for the Rapid and Flexible Synthesis of 1,3-Polyols"http://pubs.acs.org/doi/full/10.1021/jacs.5b11192

詳しくはこちら
前の記事へ 次の記事へ

2015/12/19 (Sat) 基礎有機化学教室の佐藤 玄 大学院生、内山 真伸 教授らが未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに
2015/12/15 (Tue) 基礎有機化学教室の 大塚 麻衣 大学院生、内山 真伸 教授らが新しい共役の形を明らかに
2015/12/10 (Thu) 有機合成化学教室の山本久美子大学院生、神崎倭大学院生、金井求教授らが、特定の 数・立体の水酸基を有するポリオールを選択的に合成する触媒反応を開発
2015/11/28 (Sat) 蛋白構造生物学教室の大戸梅治講師が平成28年度日本薬学会奨励賞を受賞
2015/11/28 (Sat) 蛋白構造生物学教室の大戸梅治講師が平成27年度日本生化学会奨励賞
2015/11/28 (Sat) 基礎有機化学教室の平野圭一助教が平成28年度日本薬学会奨励賞を受賞
2015/11/10 (Tue) 天然物化学教室の松田侑大助教、阿部郁朗教授らが、カビの持つユニークな酵素の発見と合理的な機能改変に成功
2015/09/26 (Sat) 小幡史明特任助教(当時)、三浦正幸教授が、Sアデノシルメチオニン代謝の促進が寿命延長に寄与することを発見
2015/09/12 (Sat) 天然物化学教室の張驪駻大学院生、阿部郁朗教授らが、炭素骨格を合理的に改変する生合成手法の開発に成功
2015/08/26 (Wed) 岡崎朋彦助教、後藤由季子教授らが、ウイルスに感染した細胞が死ぬか生きるかを決める仕組みを発見
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP