ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/11/28 (Tue)

有機合成化学教室の 生長 幸之助 講師が平成30年度日本薬学会奨励賞を受賞

本研究科の 生長 幸之助 講師(有機合成化学教室)が平成30年度日本薬学会奨励賞を受賞することになりました。対象となった研究課題は、「有機ラジカルの設計に基づく高化学選択的な酸化的変換法の開発」です。

 

生長講師は、製薬業界が医薬創出率の低下に悩む状況を見据え、創薬化学にインパクトを与える新規化学反応の導出に取り組んできました。とりわけ、高度な化学選択性や水中での実施が求められる「sp3炭素―水素結合変換法」および「タンパク質修飾法」の開発を重要開発課題と据え、「有機ラジカル触媒種の設計」というアプローチによって数々の独創的反応開発に成功しました。開発された反応は医薬候補品の簡便な誘導化、低分子医薬探索・供給の効率化、人工的機能を付与した生物製剤の創出などへの活用が期待されます。

 

日本薬学会奨励賞は、薬学の基礎および応用に関し、独創的な研究業績をあげつつあり、薬学の将来を担うことが期待される若手研究者(38歳未満)に与えられる賞です。授賞式および受賞講演は、日本薬学会第138年会(金沢、2018年3月25日~28日)にて行われる予定です。

 


前の記事へ 次の記事へ

2016/06/25 (Sat) 衛生化学教室の向井康治朗特任助教、田口友彦准教授、新井洋由教授が、病原体の感染を察知し炎症応答を誘導する自然免疫分子の活性化機構を解明
2016/06/16 (Thu) 蛋白構造生物学教室の大戸梅治准教授、石田英子特任研究員、清水敏之教授が、受精において精子と卵子の認識に関わるタンパク質の構造を解明
2016/06/13 (Mon) 蛋白構造生物教室の前川早紀子大学院生、大戸梅治准教授、清水教授が、 自然免疫で働く細胞内センサーの詳細な構造を解明
2016/06/10 (Fri) 有機合成化学教室の伊藤太亮大学院生、清水洋平助教、金井求教授が、作り分けの困難な二重結合分子の触媒的選択合成に成功
2016/06/06 (Mon) 基礎有機化学教室・中島 誠也 JSPS 博士研究員が、Reaxys PhD Prize 2016 ファイナリストに選ばれる
2016/04/27 (Wed) 基礎有機化学教室・王 東宇大学院生が、2015 年度中国優秀私費留学生奨励賞を受賞
2016/04/07 (Thu) 細胞情報学教室の服部一輝助教、一條秀憲教授が褐色脂肪細胞の機能を制御する新たなシグナル伝達機構を解明
2016/03/31 (Thu) 衛生化学教室の新井洋由教授が平成28年度日本薬学会賞を受賞
2016/03/12 (Sat) 薬品作用学教室の井形秀吉大学院生、佐々木拓哉助教、池谷裕二教授が、初期に失敗したマウスほど成績がよいことを発見
2016/03/12 (Sat) 乘本裕明君が東京大学総長賞大賞を受賞(2016.3.9)
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP