ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2014/12/15 (Mon)

有機反応化学教室の倉永健史助教、井上将行教授らが、新規抗生物質ライソシンEの全合成に成功

有機反応化学教室の倉永健史助教、井上将行教授らは、新規抗生物質ライソシンEの全合成に成功しました。本研究成果は、2014年12月9日付けで[Angewandte Chemie International Edition]電子版に掲載されました。
 
(原著論文): Total Synthesis and Biological Evaluation of the Antibiotic Lysocin E and Its Enantiomeric, Epimeric, and N-Demethylated Analogues (doi: 10.1002/anie.201410270)
リンク先:http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/anie.201410270/abstract
 
発表概要
 近年、抗MRSA (メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)薬であるバンコマイシンに対しても耐性菌の出現が報告され、新規な作用機序を有する抗生物質の開発が世界的な課題となっています。ライソシンEは浜本洋助教、関水和久教授らにより発見された環状リポペプチド系抗生物質であり、黄色ブドウ球菌類の細胞膜中に存在するメナキノンを標的とし、細胞膜を破壊するという、これまで報告例のない作用機序を有することが明らかとされました。メナキノンは細菌類の電子伝達系に必須の補酵素で、ほ乳類の電子伝達系ではユビキノンが用いられます。ライソシンEはメナキノンと選択的に結合するためほ乳類には毒性を示さず、細菌選択的にその抗菌活性を発揮すると予想されていますが、その詳細な相互作用メカニズムは未解明です。
 今回、研究グループはライソシンEの化学合成法の開発に取り組み、ペプチド固相合成法を用いる効率的な合成法の開発に成功しました。本合成法をライソシンEの鏡像異性体を含む数種の類縁体の合成に適用しました。それらの関水・浜本らによる抗菌活性評価により、ライソシンEの鏡像異性体が天然型と同等の抗菌活性を示すことが明らかとなりました。本結果は、ライソシンがアキラルなメナキノンを標的分子として抗菌活性を発現するという、新規な作用機序を有する抗生物質であることを支持するものです。
 今後さらなる類縁体の合成により、未解明であるライソシンEの抗菌活性発現に必要な構造要素が明らかとなり、メナキノンとの相互作用メカニズムの解明や、より優れた抗生物質の開発につながることが期待されます。

前の記事へ 次の記事へ

2015/08/18 (Tue) 有機合成化学教室の井田悠大学院生、西光海研究員、國信洋一郎ERATOグループリーダー(准教授相当)、金井求教授らが、置換困難な位置に選択的に官能基を導入する触媒反応を開発
2015/08/01 (Sat) 有機合成化学教室の博士課程3年生の山本久美子が「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」を受賞
2015/06/24 (Wed) 大手友貴大学院生、村田茂穂教授らが、有用キラーT細胞を「正の選択」する自己ペプチドを解明
2015/05/30 (Sat) 有機合成化学教室の森田雄也大学院生、清水洋平助教、金井求教授らが、カルボン酸を目印に炭素骨格を伸長する触媒を開発
2015/04/09 (Thu) 薬品作用学の池谷裕二教授、乗本裕明大学院生が、微小脳チップで新感覚を創ることに成功
2015/04/01 (Wed) 薬品代謝化学の浦野泰照教授らが、ホタルの光で生理活性分子を高感度に捕らえることに成功
2015/04/01 (Wed) 薬品代謝化学の浦野泰照教授らが、がん細胞を光らせて検出する新たなスプレー蛍光試薬を開発
2015/02/24 (Tue) 小西健太郎大学院生(当時)らが、ビタミンKの消化管吸収を担うトランスポーターとしてNPC1L1を同定
2015/02/14 (Sat) 李尚憲大学院生、田口友彦准教授、新井洋由教授らが、脂質二重膜におけるリン脂質(ホスファチジルセリン)の非対称性分布の意義を解明
2015/02/12 (Thu) 清水敏之教授、大戸梅治講師らが、自然免疫応答を引き起こすタンパク質が微生物の侵入を感知する仕組みを解明
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP