ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2015/02/24 (Tue)

小西健太郎大学院生(当時)らが、ビタミンKの消化管吸収を担うトランスポーターとしてNPC1L1を同定

 臨床薬物動態学教室(東京大学医学部附属病院薬剤部)の小西健太郎大学院生(当時)、高田龍平講師、山梨義英助教、鈴木洋史教授らは、血液凝固に関わる栄養素であるビタミンKの消化管吸収を、コレステロール輸送タンパク質として知られるNPC1L1が担うことを発見し、脂質異常症治療薬として使用されているNPC1L1阻害剤はビタミンKの吸収不全を引き起こすことで、抗血液凝固薬の作用を増強することを見出しました。本研究成果は、2015年2月18日付けで「Science Translational Medicine」に掲載されました。
 
原著論文: NPC1L1 is a key regulator of intestinal vitamin K absorption and a modulator of warfarin therapy (Science Translational Medicine)
DOI: 10.1126/scitranslmed.3010329

 
 血液の凝固を活性化する作用を示すビタミンとして古くから知られているビタミンK(VK)は、近年、骨粗鬆症や動脈硬化症の予防・治療への効果が報告されるなど、その多様な生理機能に注目が集まっています。VKは私たちの体内では作ることができないため、主に食物から摂取しています。しかし、その消化管での吸収のメカニズムについては未解明のままでした。
 臨床薬物動態学教室(東京大学医学部附属病院薬剤部)の小西健太郎大学院生(当時)、高田龍平講師、山梨義英助教、鈴木洋史教授らのグループは、コレステロールの吸収を担うトランスポーターであるNPC1L1が、VKの消化管での吸収も担うことを世界で初めて見出しました。血液中のコレステロールなどが増えすぎてしまう脂質異常症の治療薬として使用されているNPC1L1阻害剤のエゼチミブは、抗血液凝固薬のワルファリンと併用されると、ワルファリンの作用を増強することが報告されていましたが、その機序は不明でした。今回の発見をもとに、この薬物相互作用について検討を行ったところ、エゼチミブによるVKの吸収阻害が原因であることが明らかとなりました。
 本研究の成果は、VKの消化管吸収や体内レベルの制御メカニズムのさらなる解明につながるとともに、ビタミンの吸収変動を考慮した適切な薬物治療・薬用量設定に貢献するものと期待されます。
 
東大病院のプレスリリースへのリンク
http://www.h.u-tokyo.ac.jp/press/press_archives/20150219.html

前の記事へ 次の記事へ

2016/01/15 (Fri) 有機反応化学教室の長友優典助教、井上将行教授らが、カルシウムイオンチャネル開閉制御因子リアノジン、およびその類縁天然物の網羅的全合成に成功
2015/12/19 (Sat) 基礎有機化学教室の佐藤 玄 大学院生、内山 真伸 教授らが未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに
2015/12/15 (Tue) 基礎有機化学教室の 大塚 麻衣 大学院生、内山 真伸 教授らが新しい共役の形を明らかに
2015/12/10 (Thu) 有機合成化学教室の山本久美子大学院生、神崎倭大学院生、金井求教授らが、特定の 数・立体の水酸基を有するポリオールを選択的に合成する触媒反応を開発
2015/11/28 (Sat) 蛋白構造生物学教室の大戸梅治講師が平成28年度日本薬学会奨励賞を受賞
2015/11/28 (Sat) 蛋白構造生物学教室の大戸梅治講師が平成27年度日本生化学会奨励賞
2015/11/28 (Sat) 基礎有機化学教室の平野圭一助教が平成28年度日本薬学会奨励賞を受賞
2015/11/10 (Tue) 天然物化学教室の松田侑大助教、阿部郁朗教授らが、カビの持つユニークな酵素の発見と合理的な機能改変に成功
2015/09/26 (Sat) 小幡史明特任助教(当時)、三浦正幸教授が、Sアデノシルメチオニン代謝の促進が寿命延長に寄与することを発見
2015/09/12 (Sat) 天然物化学教室の張驪駻大学院生、阿部郁朗教授らが、炭素骨格を合理的に改変する生合成手法の開発に成功
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP