ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2015/04/09 (Thu)

薬品作用学の池谷裕二教授、乗本裕明大学院生が、微小脳チップで新感覚を創ることに成功

 哺乳類は、視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚の五感を使い、生活しています。しかし、もし脳が、本来ならば感知することのできない未知の感覚を受け取ったとき、脳はこの「六つ目の新感覚」の意味を理解し、これを有効に活用することは知られていませんでした。
 東京大学大学院薬学系研究科池谷教授らは、地磁気を感知し、刺激電極を通じて脳へと刺激を送る「磁気センサー脳チップ」を開発しました。この微小脳チップを、目の見えないラットの脳に埋め込むと、わずか2日の訓練で、あたかも目が見えているかのように、迷路中のエサを上手に見つけることができるようになりました。

 本研究により、本来は身体に備わっていない新奇な感覚でも、脳は柔軟かつ迅速にこれに適応し、有益な情報源として積極的に活かすことができることが証明されました。この結果は、脳の潜在的な能力を示唆するもので、感覚獲得の普遍的なメカニズムの解明に向けた布石となります。

 また、視覚障がいなどの感覚欠損の治療に向けた新しいアプローチを拓くことも期待されます。身近な応用例としては、視覚障がい者が街歩きをするために用いる白杖に、方位磁針センサーを設置するなどのアイデアが考えられます。

 なお、本研究成果は、Current Biology(オンライン速報版)で公開され、読売新聞や日本経済新聞などの国内メディアのみならず、New York TimesやScience Nowをはじめ、海外でも広く紹介されました。

前の記事へ 次の記事へ

2015/08/18 (Tue) 有機合成化学教室の井田悠大学院生、西光海研究員、國信洋一郎ERATOグループリーダー(准教授相当)、金井求教授らが、置換困難な位置に選択的に官能基を導入する触媒反応を開発
2015/08/01 (Sat) 有機合成化学教室の博士課程3年生の山本久美子が「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」を受賞
2015/06/24 (Wed) 大手友貴大学院生、村田茂穂教授らが、有用キラーT細胞を「正の選択」する自己ペプチドを解明
2015/05/30 (Sat) 有機合成化学教室の森田雄也大学院生、清水洋平助教、金井求教授らが、カルボン酸を目印に炭素骨格を伸長する触媒を開発
2015/04/09 (Thu) 薬品作用学の池谷裕二教授、乗本裕明大学院生が、微小脳チップで新感覚を創ることに成功
2015/04/01 (Wed) 薬品代謝化学の浦野泰照教授らが、ホタルの光で生理活性分子を高感度に捕らえることに成功
2015/04/01 (Wed) 薬品代謝化学の浦野泰照教授らが、がん細胞を光らせて検出する新たなスプレー蛍光試薬を開発
2015/02/24 (Tue) 小西健太郎大学院生(当時)らが、ビタミンKの消化管吸収を担うトランスポーターとしてNPC1L1を同定
2015/02/14 (Sat) 李尚憲大学院生、田口友彦准教授、新井洋由教授らが、脂質二重膜におけるリン脂質(ホスファチジルセリン)の非対称性分布の意義を解明
2015/02/12 (Thu) 清水敏之教授、大戸梅治講師らが、自然免疫応答を引き起こすタンパク質が微生物の侵入を感知する仕組みを解明
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP