ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2015/08/26 (Wed)

岡崎朋彦助教、後藤由季子教授らが、ウイルスに感染した細胞が死ぬか生きるかを決める仕組みを発見

分子生物学教室の岡崎朋彦助教、後藤由季子教授らが、ウイルスに感染した細胞が、「侵入したウイルスと戦うか」それとも「感染拡大を防ぐために自殺するか」を決める仕組みを世界で初めて明らかにしました。本研究成果は2015年8月4日付けでScience Signaling(オンライン版)で公開されました。
 
原著論文: The ASK family kinases differentially mediate induction of type Ⅰ interferon and apoptosis during the antiviral response (Science Signaling) doi: 10.1126/scisignal.aab1883
 
論文はこちら: http://stke.sciencemag.org/content/8/388/ra78.abstract
 
 私たち哺乳動物の細胞は、ウイルスに感染すると抗ウイルス作用のあるタンパク質Ⅰ型インターフェロン(IFN)を産生したり、自殺したりすること(細胞死)でウイルスに対抗します。これら二つの抗ウイルス応答はウイルス排除に貢献するため生体にとって有益である一方、皮肉にも状況によっては感染した生体にダメージを与え不利益となるという”矛盾”を抱えていることも分かっていました。感染した細胞が状況に応じて二つの応答を使い分けることで、こうむる利益と不利益のバランスが保たれれば、抗ウイルス応答が抱える”矛盾”を解消できるようになります。しかしながら、ウイルス感染細胞が二つの応答を使い分けているのか、また使い分けているならばどのような仕組みなのかはこれまで明らかにされていませんでした。
 今回研究グループは、細胞がウイルス感染に対するⅠ型IFNと細胞死の誘導を使い分ける仕組みを発見しました。更に、この使い分け機構が修復の早い組織での効率的なウイルス排除に貢献する可能性も明らかになりました。
 本研究の成果を元に、「恒常性を維持しながら効率的にウイルスを排除する治療法」の開発が可能になることが期待されます。
 
UTokyo Researhへのリンクはこちら

前の記事へ 次の記事へ

2015/09/12 (Sat) 天然物化学教室の張驪駻大学院生、阿部郁朗教授らが、炭素骨格を合理的に改変する生合成手法の開発に成功
2015/08/26 (Wed) 岡崎朋彦助教、後藤由季子教授らが、ウイルスに感染した細胞が死ぬか生きるかを決める仕組みを発見
2015/08/18 (Tue) 有機合成化学教室の井田悠大学院生、西光海研究員、國信洋一郎ERATOグループリーダー(准教授相当)、金井求教授らが、置換困難な位置に選択的に官能基を導入する触媒反応を開発
2015/08/01 (Sat) 有機合成化学教室の博士課程3年生の山本久美子が「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」を受賞
2015/06/24 (Wed) 大手友貴大学院生、村田茂穂教授らが、有用キラーT細胞を「正の選択」する自己ペプチドを解明
2015/05/30 (Sat) 有機合成化学教室の森田雄也大学院生、清水洋平助教、金井求教授らが、カルボン酸を目印に炭素骨格を伸長する触媒を開発
2015/04/09 (Thu) 薬品作用学の池谷裕二教授、乗本裕明大学院生が、微小脳チップで新感覚を創ることに成功
2015/04/01 (Wed) 薬品代謝化学の浦野泰照教授らが、ホタルの光で生理活性分子を高感度に捕らえることに成功
2015/04/01 (Wed) 薬品代謝化学の浦野泰照教授らが、がん細胞を光らせて検出する新たなスプレー蛍光試薬を開発
2015/02/24 (Tue) 小西健太郎大学院生(当時)らが、ビタミンKの消化管吸収を担うトランスポーターとしてNPC1L1を同定
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP