ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2016/03/12 (Sat)

薬品作用学教室の井形秀吉大学院生、佐々木拓哉助教、池谷裕二教授が、初期に失敗したマウスほど成績がよいことを発見

複雑な迷路課題をマウスに解かせ、迷路内の行動の詳細な解析を行うことで、1)学習初期の失敗が多いほどより素早く最短経路を見つけることができること、2)学習初期の失敗が多いほど経路閉鎖時に効率的な迂回路を見つけることができることを明らかにしました。本研究は2016年2月17日付けの「Scientific Reports」にオンラインで掲載されました。また、財経新聞や報道番組「ニュースゼロ」、「週刊朝日」などの各種メディアで紹介されました。

(原著論文):Hideyoshi Igata,Takuya Sasaki,Yuji Ikegaya, Early Failures Benefit Subsequent Task Performance. Scientific Reports 6:21293 (2016) http://www.nature.com/articles/srep21293.pdf

生物が自然環境で生き抜くためには、刻々と変化する状況の中で最適な行動をとることが重要です。これまで実験室では、単純化した迷路課題を用いてマウスなどの学習能力についての研究が多くなされてきましたが、実際に自然のなかで生きていくのに必要な問題解決能力についてはほとんど調べられていませんでした。そこで、ゴールに到達できる経路が多数ある迷路を製作し、さらに途中で迷路の一部を閉鎖・再開放するなど、より自然に近い環境でのマウスの行動を詳細に解析しました。その結果、学習の初期に、より多くの失敗(無効な探索)をしたマウスのほうが、複数の経路から最短経路を見つけるのが早く、また迷路の一部が閉鎖された際にも、より効率的な迂回路を見つけることができることを見出しました。今後、柔軟な問題解決の脳内メカニズムの解明に向けたさらなる研究が期待されます。

【プレスリリースへのリンク】
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=406978

前の記事へ 次の記事へ

2015/04/01 (Wed) 薬品代謝化学の浦野泰照教授らが、がん細胞を光らせて検出する新たなスプレー蛍光試薬を開発
2015/02/24 (Tue) 小西健太郎大学院生(当時)らが、ビタミンKの消化管吸収を担うトランスポーターとしてNPC1L1を同定
2015/02/14 (Sat) 李尚憲大学院生、田口友彦准教授、新井洋由教授らが、脂質二重膜におけるリン脂質(ホスファチジルセリン)の非対称性分布の意義を解明
2015/02/12 (Thu) 清水敏之教授、大戸梅治講師らが、自然免疫応答を引き起こすタンパク質が微生物の侵入を感知する仕組みを解明
2015/01/22 (Thu) 清水敏之教授、丹治裕美大学院生、大戸梅治講師らがToll様受容体8はRNAの分解物を認識することを発見
2014/12/15 (Mon) 有機反応化学教室の倉永健史助教、井上将行教授らが、新規抗生物質ライソシンEの全合成に成功
2014/12/11 (Thu) 微生物薬品化学教室の浜本洋助教、関水和久教授らが、新規抗生物質ライソシンの発見と作用機序の解明に成功
2014/12/02 (Tue) 松木則夫名誉教授が平成27年度日本薬学会賞を受賞
2014/12/02 (Tue) 有機反応化学教室・占部大介講師、薬品作用学教室・小山隆太助教、有機合成化学教室・相馬洋平ERATOグループリーダーが、平成27年度日本薬学会奨励賞を受賞
2014/10/15 (Wed) 佐久間知佐子特任研究員、千原崇裕准教授らが、神経細胞の形づくりを調節する分子としてStripタンパク質を同定
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP