ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2014/07/24 (Thu)

竹尾浩史元大学院生、岩坪威教授、富田泰輔教授らが、アルツハイマー症治療薬候補γセクレターゼ修飾薬の作動原理を解明

 臨床薬学教室の竹尾浩史大学院生、岩坪威教授(医学系研究科神経病理学分野)、富田泰輔教授らの研究グループは、γセクレターゼ修飾薬の作動原理を解明しました。今後、アルツハイマー病治療薬の開発が加速することが期待されます。本研究成果は、2014年7月9日付で「Proceedings of the National Academy of Sciences」に掲載されました。
 
【発表雑誌】
雑誌名: Proceedings of the National Academy of Sciences Online Edition: 2014/7/9 doi: 10.1073/pnas.1402171111.
論文タイトル: Allosteric regulation of g-secretase activity by a phenylimidazole-type g-secretase modulator
 
【概要】
高齢化社会において大きな問題となっている認知症の多くを占めるアルツハイマー症は、アミロイドβタンパク質(Aβ)が脳に老人斑として蓄積することを契機に発症すると考えられており、特に凝集性の高いAβ42と呼ばれるタンパク質がその原因物質として注目されています。このAβを産生する酵素γセクレターゼの活性を制御し、Aβ42産生のみを抑える化合物γセクレターゼ修飾薬は、副作用のないアルツハイマー症治療薬として期待されていますが、その作動原理は不明でした。
東京大学大学院薬学系研究科の富田泰輔教授、竹尾浩史元大学院生、横島聡元准教授、福山透元教授、谷村瞬元大学院生らと、同 大学院医学系研究科 岩坪威教授、理化学研究所 横山茂之上席研究員、白水美香子部門長、篠田雄大研究員らのグループは共同で、フェニルイミダゾール型γセクレターゼ修飾薬の作動原理と作用部位を解明しました。これは、アルツハイマー症治療薬として期待されているγセクレターゼ修飾薬の開発において、大きな意義を持ちます。
研究グループは、フェニルイミダゾール骨格を持つγセクレターゼ修飾薬がγセクレターゼを活性化していることを新たに発見しました。また、このγセクレターゼ修飾薬は酵素サブユニットであるプレセニリンに直接作用していること、特に細胞外のループ領域に結合し、活性中心構造に影響を与えていることも見出しました。本成果は、フェニルイミダゾール型γセクレターゼ修飾薬の作動原理と作用部位を、世界で初めて同定したものです。
今回の発見に基づき、γセクレターゼ修飾薬の相互作用様式をさらに明らかにすることで、新たなアルツハイマー病治療薬のラショナルデザインに貢献し、その開発が加速することが期待されます。
 
【UTokyo Researchへのリンク】
http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/utokyo-research/research-news/toward-the-development-of-effective-therapeutics-against-alzheimers-disease/

前の記事へ 次の記事へ

2015/01/22 (Thu) 清水敏之教授、丹治裕美大学院生、大戸梅治講師らがToll様受容体8はRNAの分解物を認識することを発見
2014/12/15 (Mon) 有機反応化学教室の倉永健史助教、井上将行教授らが、新規抗生物質ライソシンEの全合成に成功
2014/12/11 (Thu) 微生物薬品化学教室の浜本洋助教、関水和久教授らが、新規抗生物質ライソシンの発見と作用機序の解明に成功
2014/12/02 (Tue) 松木則夫名誉教授が平成27年度日本薬学会賞を受賞
2014/12/02 (Tue) 有機反応化学教室・占部大介講師、薬品作用学教室・小山隆太助教、有機合成化学教室・相馬洋平ERATOグループリーダーが、平成27年度日本薬学会奨励賞を受賞
2014/10/15 (Wed) 佐久間知佐子特任研究員、千原崇裕准教授らが、神経細胞の形づくりを調節する分子としてStripタンパク質を同定
2014/09/16 (Tue) 小山隆太助教が日本神経科学学会奨励賞を受賞
2014/09/10 (Wed) 齋藤康太助教、堅田利明教授らのグループが、巨大分子であるコラーゲンの分泌について新たなメカニズムを解明
2014/08/25 (Mon) 劉霆大学院生、山口良文助教、三浦正幸教授らが、炎症性細胞死とサイトカイン分泌との関連を解明
2014/08/05 (Tue) 薬品代謝化学の浦野泰照教授らが自然に明滅する蛍光色素の開発と超解像蛍光イメージングへの応用に成功
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP