ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/04/27 (Thu)

生理化学教室の前田深春大学院生、齋藤康太助教、堅田利明前教授は、哺乳細胞の小胞体分泌ドメインの生成機構を新たに解明

 生理化学教室の前田深春大学院生、齋藤康太助教、堅田利明前教授は、哺乳細胞の小胞体分泌ドメインの生成機構を新たに解明しました。本研究成果は2017年4月25日付けで米科学誌「Journal of Cell Biology」電子版に掲載されました。

雑誌:Journal of Cell Biology
題目: “TANGO1 recruits Sec16 to coordinately organize ER exit sites for efficient secretion”
著者: Miharu Maeda, Toshiaki Katada, and Kota Saito
DOI番号:10.1083/jcb.201703084
アブストラクトURL: https://doi.org/10.1083/jcb.201703084

【発表概要】
 小胞体では生体内の全タンパク質の約3割が合成されますが、これらは細胞内のさまざまな小器官に運ばれるか、細胞外へ分泌されて機能することが知られています。小胞体からのタンパク質の分泌は、ER exit siteとよばれる小胞体内の特殊な領域から出芽する小胞によって行なわれます。このER exit siteは哺乳細胞1細胞あたり数百個存在しますが、細胞周期や栄養状態などによって、その数や大きさ、局在が変化することが知られています。しかしながら、どのようにしてER exit site形成の場所が決定されるのか、その詳しいメカニズムはほとんど明らかになっていませんでした。今回、前田深春大学院生、齋藤康太助教、堅田利明前教授のグループは、同グループが以前同定したコラーゲン受容体と、その近縁分子が、小胞体上でER exit siteを形成する際の足場として機能する可能性を見出しました。ER exit siteの形成や消失は、癌化や様々な疾患に応じておこることが知られており、本研究の成果は、これらの疾患の病態理解につながることが期待されます。
 
 
 


前の記事へ 次の記事へ

2015/02/12 (Thu) 清水敏之教授、大戸梅治講師らが、自然免疫応答を引き起こすタンパク質が微生物の侵入を感知する仕組みを解明
2015/01/22 (Thu) 清水敏之教授、丹治裕美大学院生、大戸梅治講師らがToll様受容体8はRNAの分解物を認識することを発見
2014/12/15 (Mon) 有機反応化学教室の倉永健史助教、井上将行教授らが、新規抗生物質ライソシンEの全合成に成功
2014/12/11 (Thu) 微生物薬品化学教室の浜本洋助教、関水和久教授らが、新規抗生物質ライソシンの発見と作用機序の解明に成功
2014/12/02 (Tue) 松木則夫名誉教授が平成27年度日本薬学会賞を受賞
2014/12/02 (Tue) 有機反応化学教室・占部大介講師、薬品作用学教室・小山隆太助教、有機合成化学教室・相馬洋平ERATOグループリーダーが、平成27年度日本薬学会奨励賞を受賞
2014/10/15 (Wed) 佐久間知佐子特任研究員、千原崇裕准教授らが、神経細胞の形づくりを調節する分子としてStripタンパク質を同定
2014/09/16 (Tue) 小山隆太助教が日本神経科学学会奨励賞を受賞
2014/09/10 (Wed) 齋藤康太助教、堅田利明教授らのグループが、巨大分子であるコラーゲンの分泌について新たなメカニズムを解明
2014/08/25 (Mon) 劉霆大学院生、山口良文助教、三浦正幸教授らが、炎症性細胞死とサイトカイン分泌との関連を解明
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP