ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/05/18 (Thu)

薬品作用学教室の平木俊光大学院生、小山隆太准教授らがヒトiPS細胞を海馬ニューロンに成熟させることに成功

薬品作用学教室の平木俊光大学院生、小山隆太准教授らの研究グループがヒトiPS細胞を海馬ニューロンに成熟させることに成功しました。本研究成果は2017年5月17日付でFrontiers in Cellular Neuroscienceのオンラインで版で公開されました。
 
雑誌名: Frontiers in Cellular Neuroscience
論文タイトル: Differentiation of human induced pluripotent stem cell (hiPSC) derived-neurons in mouse hippocampal slice cultures
著者: Toshimitsu Hiragi, Megumi Andoh, Toshihiro Araki, Takayuki Shirakawa,
Takashi Ono, Ryuta Koyama, Yuji Ikegaya
DOI番号: 10.3389/fncel.2017.00143
アブストラクトURL:http://journal.frontiersin.org/article/10.3389/fncel.2017.00143/full
 
脊髄損傷やパーキンソン病などの疾患に対して有効な治療法は確立されていません。これに対し、失われた細胞を移植によって補う、細胞移植治療の開発が進められています。こうした背景の中で、ヒトiPS細胞から分化した神経細胞(hiPSC-neuron)は、細胞移植治療における移植細胞源として臨床応用が期待されています。しかしながら、移植されたhiPSC-neuronが周囲の脳組織環境に適応し、正しく成熟・機能するためのメカニズムは未解明であり、これを検証するための簡便な実験系の開発が求められていました。平木俊光君は海馬切片培養系を応用し、マウス海馬切片にhiPSC-neuronを移植して培養し、hiPSC-neuronが海馬の神経細胞へと成熟するかを検討しました。その結果、海馬培養切片に移植されたhiPSC-neuronは、移植された場所に応じた神経細胞マーカーを発現し、その場所に特異的な神経細胞の形態を示すことがわかりました。
 


前の記事へ 次の記事へ

2015/02/12 (Thu) 清水敏之教授、大戸梅治講師らが、自然免疫応答を引き起こすタンパク質が微生物の侵入を感知する仕組みを解明
2015/01/22 (Thu) 清水敏之教授、丹治裕美大学院生、大戸梅治講師らがToll様受容体8はRNAの分解物を認識することを発見
2014/12/15 (Mon) 有機反応化学教室の倉永健史助教、井上将行教授らが、新規抗生物質ライソシンEの全合成に成功
2014/12/11 (Thu) 微生物薬品化学教室の浜本洋助教、関水和久教授らが、新規抗生物質ライソシンの発見と作用機序の解明に成功
2014/12/02 (Tue) 松木則夫名誉教授が平成27年度日本薬学会賞を受賞
2014/12/02 (Tue) 有機反応化学教室・占部大介講師、薬品作用学教室・小山隆太助教、有機合成化学教室・相馬洋平ERATOグループリーダーが、平成27年度日本薬学会奨励賞を受賞
2014/10/15 (Wed) 佐久間知佐子特任研究員、千原崇裕准教授らが、神経細胞の形づくりを調節する分子としてStripタンパク質を同定
2014/09/16 (Tue) 小山隆太助教が日本神経科学学会奨励賞を受賞
2014/09/10 (Wed) 齋藤康太助教、堅田利明教授らのグループが、巨大分子であるコラーゲンの分泌について新たなメカニズムを解明
2014/08/25 (Mon) 劉霆大学院生、山口良文助教、三浦正幸教授らが、炎症性細胞死とサイトカイン分泌との関連を解明
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP