ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/11/02 (Thu)

東京大学大学院薬学系研究科の新井洋由教授、田口友彦特任准教授の研究グループが、細胞の増殖に重要な転写共役因子YAPが生体膜リン脂質により活性化されることを世界で初めて解明

東京大学大学院薬学系研究科の新井洋由教授、田口友彦特任准教授の研究グループは、細胞の増殖に重要な転写共役因子YAPが生体膜リン脂質により活性化されることを世界で初めて明らかにしました。本研究成果は2017年11月1日付でNature Communications (オンライン版)に掲載されました。
 
原著論文:
Matsudaira, T., Mukai, K., Noguchi, T., Hasegawa, J., Hatta, T., Iemura, S.-i., Natsume, T., Miyamura, N., Nishina, H., Nakayama, J., Semba, K., Tomita, T., Murata, S., Arai, H., and Taguchi, T. “Endosomal phosphatidylserine is critical for the YAP signalling pathway in proliferating cells.”, Nat Commun 8, 651., doi: 10.1038/s41467-017-01255-
論文へのリンクはこちら:
https://www.nature.com/articles/s41467-017-01255-3
 
東京大学大学院薬学系研究科の新井洋由教授、田口特任准教授らは、細胞の増殖を制御するHippo-YAPシグナルが生体膜リン脂質による制御を受けることを初めて明らかにしました。生体膜はリン脂質二重層で構成されていますが、細胞を外界と区別する障壁としての機能以外の役割に関しては不明な点が多く残されています。本研究では特定のリン脂質の近傍にあるタンパク質を同定する新しい手法を開発し、ホスファチジルセリンというリン脂質の一種ががん細胞の増殖に関わるHippo-YAPシグナルを制御することを初めて明らかにしました。今後、生体膜リン脂質を制御するタンパク質が、がん細胞の増殖を抑制する新規創薬ターゲットとなることが期待されます。
 


詳しくはこちら
次の記事へ

2015/02/12 (Thu) 清水敏之教授、大戸梅治講師らが、自然免疫応答を引き起こすタンパク質が微生物の侵入を感知する仕組みを解明
2015/01/22 (Thu) 清水敏之教授、丹治裕美大学院生、大戸梅治講師らがToll様受容体8はRNAの分解物を認識することを発見
2014/12/15 (Mon) 有機反応化学教室の倉永健史助教、井上将行教授らが、新規抗生物質ライソシンEの全合成に成功
2014/12/11 (Thu) 微生物薬品化学教室の浜本洋助教、関水和久教授らが、新規抗生物質ライソシンの発見と作用機序の解明に成功
2014/12/02 (Tue) 松木則夫名誉教授が平成27年度日本薬学会賞を受賞
2014/12/02 (Tue) 有機反応化学教室・占部大介講師、薬品作用学教室・小山隆太助教、有機合成化学教室・相馬洋平ERATOグループリーダーが、平成27年度日本薬学会奨励賞を受賞
2014/10/15 (Wed) 佐久間知佐子特任研究員、千原崇裕准教授らが、神経細胞の形づくりを調節する分子としてStripタンパク質を同定
2014/09/16 (Tue) 小山隆太助教が日本神経科学学会奨励賞を受賞
2014/09/10 (Wed) 齋藤康太助教、堅田利明教授らのグループが、巨大分子であるコラーゲンの分泌について新たなメカニズムを解明
2014/08/25 (Mon) 劉霆大学院生、山口良文助教、三浦正幸教授らが、炎症性細胞死とサイトカイン分泌との関連を解明
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP