ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/11/28 (Tue)

有機合成化学教室の 生長 幸之助 講師が平成30年度日本薬学会奨励賞を受賞

本研究科の 生長 幸之助 講師(有機合成化学教室)が平成30年度日本薬学会奨励賞を受賞することになりました。対象となった研究課題は、「有機ラジカルの設計に基づく高化学選択的な酸化的変換法の開発」です。

 

生長講師は、製薬業界が医薬創出率の低下に悩む状況を見据え、創薬化学にインパクトを与える新規化学反応の導出に取り組んできました。とりわけ、高度な化学選択性や水中での実施が求められる「sp3炭素―水素結合変換法」および「タンパク質修飾法」の開発を重要開発課題と据え、「有機ラジカル触媒種の設計」というアプローチによって数々の独創的反応開発に成功しました。開発された反応は医薬候補品の簡便な誘導化、低分子医薬探索・供給の効率化、人工的機能を付与した生物製剤の創出などへの活用が期待されます。

 

日本薬学会奨励賞は、薬学の基礎および応用に関し、独創的な研究業績をあげつつあり、薬学の将来を担うことが期待される若手研究者(38歳未満)に与えられる賞です。授賞式および受賞講演は、日本薬学会第138年会(金沢、2018年3月25日~28日)にて行われる予定です。

 


前の記事へ 次の記事へ

2016/03/12 (Sat) 薬品作用学教室の井形秀吉大学院生、佐々木拓哉助教、池谷裕二教授が、初期に失敗したマウスほど成績がよいことを発見
2016/03/12 (Sat) 乘本裕明君が東京大学総長賞大賞を受賞(2016.3.9)
2016/03/09 (Wed) 天然物化学教室の森貴裕助教、張驪駻大学院生、阿部郁朗教授らが、インドールアルカロイドの生合成リデザインに成功
2016/02/03 (Wed) 樫尾宗志朗大学院生、小幡史明特任助教(当時)、三浦正幸教授が、脂肪体におけるメチオニン代謝が遠隔的に組織修復に寄与することを発見
2016/01/15 (Fri) 有機反応化学教室の長友優典助教、井上将行教授らが、カルシウムイオンチャネル開閉制御因子リアノジン、およびその類縁天然物の網羅的全合成に成功
2015/12/19 (Sat) 基礎有機化学教室の佐藤 玄 大学院生、内山 真伸 教授らが未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに
2015/12/15 (Tue) 基礎有機化学教室の 大塚 麻衣 大学院生、内山 真伸 教授らが新しい共役の形を明らかに
2015/12/10 (Thu) 有機合成化学教室の山本久美子大学院生、神崎倭大学院生、金井求教授らが、特定の 数・立体の水酸基を有するポリオールを選択的に合成する触媒反応を開発
2015/11/28 (Sat) 蛋白構造生物学教室の大戸梅治講師が平成28年度日本薬学会奨励賞を受賞
2015/11/28 (Sat) 蛋白構造生物学教室の大戸梅治講師が平成27年度日本生化学会奨励賞
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP