ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2014/05/12 (Mon)

基礎有機化学教室の内山 真伸教授、巳上 幸一郎 JSPS 特別研究員らのグループが、ホウ素カチオンの創製に成功

 基礎有機化学教室の内山 真伸教授、巳上 幸一郎 JSPS 特別研究員らのグループは、「ホウ素カチオンの創製」に成功しました。その成果は2014年5月11日付けの英科学誌「Nature Chemistry」にオンラインで掲載され、News & Views (http://www.nature.com/nchem/journal/vaop/ncurrent/pdf/nchem.1953.pdf) にも取り上げられました。
 

 通常の典型元素は最外殻電子の数が8個になるとオクテット則を満たし安定に存在できると考えられています。内山教授らは、ホウ素元素の最外殻に4個しか電子が埋まっていない「ホウ素カチオン(ボリニウムイオン)」の単離・創製に成功し、その特性を明らかにしました。特に、炭素–ホウ素結合しか持たないボリニウムイオンは世界初の分子です。カルボランアニオンなどの低配位性の対アニオンを利用することがポイントです。ホウ素中心は、1)直線状二配位構造、2)異常に強いLewis 酸性と酸素原子親和性 などを示し、これまでのホウ素の化学にはない特徴を持っていることなども明らかにしました。薬学の研究にどう役に立つかって?基礎研究はきっと10年後の応用を変える!


前の記事へ 次の記事へ

2015/02/12 (Thu) 清水敏之教授、大戸梅治講師らが、自然免疫応答を引き起こすタンパク質が微生物の侵入を感知する仕組みを解明
2015/01/22 (Thu) 清水敏之教授、丹治裕美大学院生、大戸梅治講師らがToll様受容体8はRNAの分解物を認識することを発見
2014/12/15 (Mon) 有機反応化学教室の倉永健史助教、井上将行教授らが、新規抗生物質ライソシンEの全合成に成功
2014/12/11 (Thu) 微生物薬品化学教室の浜本洋助教、関水和久教授らが、新規抗生物質ライソシンの発見と作用機序の解明に成功
2014/12/02 (Tue) 松木則夫名誉教授が平成27年度日本薬学会賞を受賞
2014/12/02 (Tue) 有機反応化学教室・占部大介講師、薬品作用学教室・小山隆太助教、有機合成化学教室・相馬洋平ERATOグループリーダーが、平成27年度日本薬学会奨励賞を受賞
2014/10/15 (Wed) 佐久間知佐子特任研究員、千原崇裕准教授らが、神経細胞の形づくりを調節する分子としてStripタンパク質を同定
2014/09/16 (Tue) 小山隆太助教が日本神経科学学会奨励賞を受賞
2014/09/10 (Wed) 齋藤康太助教、堅田利明教授らのグループが、巨大分子であるコラーゲンの分泌について新たなメカニズムを解明
2014/08/25 (Mon) 劉霆大学院生、山口良文助教、三浦正幸教授らが、炎症性細胞死とサイトカイン分泌との関連を解明
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP