ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/07/28 (Fri)

有機反応化学教室の藤野遥大学院生、長友優典助教、井上将行教授らが、抗生物質であるポリオキシン類およびフッ素化誘導体の統一的全合成に成功

有機反応化学教室の藤野遥大学院生、長友優典助教、井上将行教授は、高度に酸素官能基化されたジペプチド核酸系抗生物質であるポリオキシンJ, Lおよびそれらのフッ素化誘導体群の統一的全合成を、入手容易なヌクレオシドを出発原料とし、脱一酸化炭素を伴う分子間ラジカルカップリング反応を用いて達成しました。本研究成果は、2017年7月20日付けでドイツ化学会誌Angewandte Chemie International Edition電子版に掲載されました。
 
発表論文
掲載雑誌名: Angewandte Chemie International Edition
論文タイトル: Unified Total Synthesis of Polyoxin J, L, and Their Fluorinated Analogues Based on Decarbonylative Radical Coupling Reactions
著者: Haruka Fujino, Masanori Nagatomo, Atmika Paudel, Suresh Panthee, Hiroshi Hamamoto, Kazuhisa Sekimizu, Masayuki Inoue*
DOI: 10.1002/anie.201706671
 
発表概要:
ポリオキシンJ (1a)およびL (1b)に代表されるポリオキシン類は、真菌の細胞壁の重要な構成要素であるキチンの生合成に対する阻害活性を有するジペプチド核酸系天然物です。キチンは動植物や細菌には存在しないため、ポリオキシン類は各種真菌感染症に対して特異的に作用する抗生物質としての機能が期待され、農薬として実用化されています。
一方で近年、高い電気陰性度に起因する、フッ素化誘導体の特異な物性が着目されています。そこで、井上将行教授の研究グループは、より強力な生物活性を有する人工類縁体の創出を狙い、1a/bの核酸塩基上にフッ素官能基を導入した、トリフルオロポリオキシンJ (1c)およびフルオロポリオキシンL (1d)を新たに設計しました。今回、本研究グループは、独自に開発したラジカル反応を鍵工程として、1a-dの統一的な全合成を達成しました。さらに、帝京大学医真菌研究センター・浜本洋准教授、関水和久教授(本学名誉教授)の研究グループとの共同研究の結果、1dが抗真菌活性に加えて、MRSAやVRSAを含む菌に対して活性を有することを明らかにしました。本研究成果により、高度に官能基化された複雑分子構築におけるラジカル戦略および新規生物活性分子の創出のための統一的全合成戦略の有用性を実証しました。
 


前の記事へ 次の記事へ

2014/07/24 (Thu) 竹尾浩史元大学院生、岩坪威教授、富田泰輔教授らが、アルツハイマー症治療薬候補γセクレターゼ修飾薬の作動原理を解明
2014/07/02 (Wed) 千原崇裕准教授、三浦正幸教授らが、老いた個体の行動を左右する嗅覚神経の細胞死を同定
2014/06/30 (Mon) 天然物化学教室の脇本敏幸准教授、江上蓉子特任研究員、阿部郁朗教授らのグループが海綿動物由来細胞毒性物質の生合成遺伝子および生産菌の同定に成功
2014/05/19 (Mon) 分子生物学教室の後藤由季子教授が第22回木原記念財団学術賞を受賞
2014/05/12 (Mon) 基礎有機化学教室の内山 真伸教授、巳上 幸一郎 JSPS 特別研究員らのグループが、ホウ素カチオンの創製に成功
2014/05/09 (Fri) モサラネジャッド健太元大学院生、関根悠介元助教、一條秀憲教授らが、ウイルス感染応答を制御する新たな分子メカニズムを解明
2014/04/22 (Tue) 小幡史明特任助教、三浦正幸教授らが局所的なネクローシス細胞が全身性の炎症応答と代謝異常を引き起こすことを発見
2014/04/19 (Sat) 前田和哉講師が2014年度ISSX Asia Pacific New Investigator Awardを受賞
2014/04/09 (Wed) 内山真伸教授らが折り畳み・曲げ伸ばし可能な有機半導体メモリーの創製に成功
2014/03/17 (Mon) 池谷裕二准教授らが記憶の脳回路痕跡を発見
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP