ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/11/28 (Tue)

有機合成化学教室の 生長 幸之助 講師が平成30年度日本薬学会奨励賞を受賞

本研究科の 生長 幸之助 講師(有機合成化学教室)が平成30年度日本薬学会奨励賞を受賞することになりました。対象となった研究課題は、「有機ラジカルの設計に基づく高化学選択的な酸化的変換法の開発」です。

 

生長講師は、製薬業界が医薬創出率の低下に悩む状況を見据え、創薬化学にインパクトを与える新規化学反応の導出に取り組んできました。とりわけ、高度な化学選択性や水中での実施が求められる「sp3炭素―水素結合変換法」および「タンパク質修飾法」の開発を重要開発課題と据え、「有機ラジカル触媒種の設計」というアプローチによって数々の独創的反応開発に成功しました。開発された反応は医薬候補品の簡便な誘導化、低分子医薬探索・供給の効率化、人工的機能を付与した生物製剤の創出などへの活用が期待されます。

 

日本薬学会奨励賞は、薬学の基礎および応用に関し、独創的な研究業績をあげつつあり、薬学の将来を担うことが期待される若手研究者(38歳未満)に与えられる賞です。授賞式および受賞講演は、日本薬学会第138年会(金沢、2018年3月25日~28日)にて行われる予定です。

 


前の記事へ 次の記事へ

2015/02/24 (Tue) 小西健太郎大学院生(当時)らが、ビタミンKの消化管吸収を担うトランスポーターとしてNPC1L1を同定
2015/02/14 (Sat) 李尚憲大学院生、田口友彦准教授、新井洋由教授らが、脂質二重膜におけるリン脂質(ホスファチジルセリン)の非対称性分布の意義を解明
2015/02/12 (Thu) 清水敏之教授、大戸梅治講師らが、自然免疫応答を引き起こすタンパク質が微生物の侵入を感知する仕組みを解明
2015/01/22 (Thu) 清水敏之教授、丹治裕美大学院生、大戸梅治講師らがToll様受容体8はRNAの分解物を認識することを発見
2014/12/15 (Mon) 有機反応化学教室の倉永健史助教、井上将行教授らが、新規抗生物質ライソシンEの全合成に成功
2014/12/11 (Thu) 微生物薬品化学教室の浜本洋助教、関水和久教授らが、新規抗生物質ライソシンの発見と作用機序の解明に成功
2014/12/02 (Tue) 松木則夫名誉教授が平成27年度日本薬学会賞を受賞
2014/12/02 (Tue) 有機反応化学教室・占部大介講師、薬品作用学教室・小山隆太助教、有機合成化学教室・相馬洋平ERATOグループリーダーが、平成27年度日本薬学会奨励賞を受賞
2014/10/15 (Wed) 佐久間知佐子特任研究員、千原崇裕准教授らが、神経細胞の形づくりを調節する分子としてStripタンパク質を同定
2014/09/16 (Tue) 小山隆太助教が日本神経科学学会奨励賞を受賞
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP