ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2014/01/17 (Fri)

生体異物学(来年度より分子生物学)教室の後藤由季子教授が平成26年度安田記念医学賞を受賞。

 生体異物学(来年度より分子生物学)教室の後藤由季子教授が平成26年度安田記念医学賞を受賞しました。安田記念医学賞は、癌の予防と治療(克服)を推進するため研究助成を行い、医学水準の飛躍的向上と国民の健康福祉の増進に寄与することを目的とする賞です。
 対象となった研究課題は、「がん浸潤・細胞運動に関わるAktの選択的な機能制御機構の解明」です。Aktの異常活性化は、様々な臓器における癌悪性化の要因のひとつです。本研究は、細胞運動/浸潤促進におけるAktの機能と特異的な制御機構を解明したものです。今後の発展により癌悪性化を制圧するための新しい手段の開発が期待されます。授賞式は昨年12月に大阪にて行われました。

前の記事へ 次の記事へ

2014/03/15 (Sat) 西田友明研究員、井田悠大学院生、國信洋一郎ERATOプロジェクトグループリーダー(准教授相当)、金井求教授が位置選択的な新規トリフルオロメチル化反応を開発
2014/03/03 (Mon) 金津邦彦大学院生、岩坪威教授、富田泰輔准教授らがアルツハイマー病発症予防因子CALMの機能を解明
2014/03/01 (Sat) 垣内 力准教授が平成26年日本細菌学会 小林六造記念賞を受賞
2014/02/24 (Mon) 今村亮俊大学院生、関水和久教授、および秋光信佳准教授(アイソトープ総合セン ター、薬学系研究科兼担教員)らがウイルスと戦うための新たな自然免疫の仕組みを発見
2014/01/30 (Thu) 内山 真伸教授が2013年度有機合成化学協会「日産化学・有機合成新反応/手法賞」 を受賞
2014/01/29 (Wed) 丸山剛元特任研究員、松沢厚特任准教授、一條秀憲教授らが、細胞死や免疫応答を調節する新たな分子メカニズムを発見
2014/01/17 (Fri) 生体異物学(来年度より分子生物学)教室の後藤由季子教授が第30回井上学術賞を受賞。
2014/01/17 (Fri) 生体異物学(来年度より分子生物学)教室の後藤由季子教授が平成26年度安田記念医学賞を受賞。
2014/01/15 (Wed) 野々村恵子元特任研究員、山口良文助教、三浦正幸教授らが脳の発生初期におけるアポトーシスの新たな役割を発見
2013/12/10 (Tue) 林 久允助教が平成26年度日本薬学会奨励賞を受賞。
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP