ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2014/03/15 (Sat)

西田友明研究員、井田悠大学院生、國信洋一郎ERATOプロジェクトグループリーダー(准教授相当)、金井求教授が位置選択的な新規トリフルオロメチル化反応を開発

 有機合成化学教室の國信洋一郎ERATOプロジェクトグループリーダー(准教授相当)、金井求教授らは、これまで達成例のなかった6員環ヘテロ芳香族化合物の2位選択的なトリフルオロメチル化反応に初めて成功しました。本研究成果は2014年3月13日付で英国の科学雑誌Nature Communicationsに掲載されました。
 
(原著論文)Regioselective trifluoromethylation of N-heteroaromatic compounds using trifluoromethyldifluoroborane activator
 
【発表概要】
 ヘテロ芳香族化合物へのトリフルオロメチル基の導入は、今や創薬研究や医薬品合成には欠かせない手法の一つです。トリフルオロメチル基の導入法の中で最も効率がよく、近年研究者の開発意欲を駆り立てている反応として、有機化合物中に多数存在する炭素-水素結合の水素原子を直截的にトリフルオロメチル基に置き換える反応があります。5員環ヘテロ芳香族化合物のトリフルオロメチル化反応は、望みの反応位置にトリフルオロメチル基を導入できる有用な反応がこの2,3年のうちに数例報告されてきました。一方、6員環ヘテロ芳香族化合物のトリフルオロメチル化反応に関しては、いくつかある反応点のうち望みでない反応点をすべて置換基でふさいだ特殊な基質を用いる場合以外、様々な位置にトリフルオロメチル基が導入された生成物が混合物として得られてしまい、望みの反応位置のみにトリフルオロメチル基を導入することはできませんでした。今回、6員環ヘテロ芳香族化合物の窒素原子上に、酸素原子を介してホウ素化合物を結合させることにより、窒素原子の隣の炭素原子上のみにトリフルオロメチル基を導入できるようになりました。この成果は、創薬研究の促進や医薬品合成の多様化につながるものです。

前の記事へ 次の記事へ

2014/05/09 (Fri) モサラネジャッド健太元大学院生、関根悠介元助教、一條秀憲教授らが、ウイルス感染応答を制御する新たな分子メカニズムを解明
2014/04/22 (Tue) 小幡史明特任助教、三浦正幸教授らが局所的なネクローシス細胞が全身性の炎症応答と代謝異常を引き起こすことを発見
2014/04/19 (Sat) 前田和哉講師が2014年度ISSX Asia Pacific New Investigator Awardを受賞
2014/04/09 (Wed) 内山真伸教授らが折り畳み・曲げ伸ばし可能な有機半導体メモリーの創製に成功
2014/03/17 (Mon) 池谷裕二准教授らが記憶の脳回路痕跡を発見
2014/03/15 (Sat) 西田友明研究員、井田悠大学院生、國信洋一郎ERATOプロジェクトグループリーダー(准教授相当)、金井求教授が位置選択的な新規トリフルオロメチル化反応を開発
2014/03/03 (Mon) 金津邦彦大学院生、岩坪威教授、富田泰輔准教授らがアルツハイマー病発症予防因子CALMの機能を解明
2014/03/01 (Sat) 垣内 力准教授が平成26年日本細菌学会 小林六造記念賞を受賞
2014/02/24 (Mon) 今村亮俊大学院生、関水和久教授、および秋光信佳准教授(アイソトープ総合セン ター、薬学系研究科兼担教員)らがウイルスと戦うための新たな自然免疫の仕組みを発見
2014/01/30 (Thu) 内山 真伸教授が2013年度有機合成化学協会「日産化学・有機合成新反応/手法賞」 を受賞
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP