ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2016/06/25 (Sat)

衛生化学教室の向井康治朗特任助教、田口友彦准教授、新井洋由教授が、病原体の感染を察知し炎症応答を誘導する自然免疫分子の活性化機構を解明

東京大学大学院薬学系研究科の新井洋由教授の研究グループは、病原体の感染を察知し1型インターフェロン応答を誘導する自然免疫分子STINGの活性化機構を世界で初めて明らかにしました。本研究成果は2016年6月21日付でNature Communications (オンライン版)に掲載されました。
 
原著論文:
Kojiro Mukai, Hiroyasu Konno, Tatsuya Akiba, Takefumi Uemura, Satoshi Waguri, Toshihide Kobayashi, Glen N. Barber, Hiroyuki Arai & Tomohiko Taguchi, " Activation of STING requires palmitoylation at the Golgi ", Nature Communications: 2016/6/21 (Japan time), doi: 10.1038/ncomms11932.
論文へのリンクはこちら:
http://www.nature.com/ncomms/2016/160621/ncomms11932/full/ncomms11932.html
 
DNAウイルスやバクテリアなどの異物が細胞に感染した際に細胞質に持ち込まれるDNAは、小胞体に存在する膜タンパク質STINGによって感知され、I型インターフェロンおよび炎症応答を引き起こします。この反応は、我々の体が異物を認識し排除する自然免疫と呼ばれる基本的な反応です。しかしながら、なぜ細胞質中のDNAに対する応答が膜タンパク質を利用して起きるのかは不明でした。またSTINGは細胞質DNAを感知したのちに、小胞体局在性を失い核近縁部に移動することも示されていましたが、その意義も不明でした。
今回の成果から、(i)STINGの活性化の場が、細胞質DNAを感知する小胞体ではなくゴルジ体であること、(ii) STINGの活性化にゴルジ体で起きる翻訳後修飾であるパルミトイル化とゴルジ体のユニークな脂質環境の二つが必要であることが明らかとなりました。
STINGを介した炎症応答は、病原体感染時のみならず、自己免疫疾患/ガン/ミトコンドリア障害/紫外線暴露時など多様な局面での炎症応答に関与することが明らかとなってきています。今回の結果から、細胞内小器官の脂質環境を制御することが、炎症応答をコントロールする新しい手段となることが期待されます。

前の記事へ 次の記事へ

2015/04/01 (Wed) 薬品代謝化学の浦野泰照教授らが、ホタルの光で生理活性分子を高感度に捕らえることに成功
2015/04/01 (Wed) 薬品代謝化学の浦野泰照教授らが、がん細胞を光らせて検出する新たなスプレー蛍光試薬を開発
2015/02/24 (Tue) 小西健太郎大学院生(当時)らが、ビタミンKの消化管吸収を担うトランスポーターとしてNPC1L1を同定
2015/02/14 (Sat) 李尚憲大学院生、田口友彦准教授、新井洋由教授らが、脂質二重膜におけるリン脂質(ホスファチジルセリン)の非対称性分布の意義を解明
2015/02/12 (Thu) 清水敏之教授、大戸梅治講師らが、自然免疫応答を引き起こすタンパク質が微生物の侵入を感知する仕組みを解明
2015/01/22 (Thu) 清水敏之教授、丹治裕美大学院生、大戸梅治講師らがToll様受容体8はRNAの分解物を認識することを発見
2014/12/15 (Mon) 有機反応化学教室の倉永健史助教、井上将行教授らが、新規抗生物質ライソシンEの全合成に成功
2014/12/11 (Thu) 微生物薬品化学教室の浜本洋助教、関水和久教授らが、新規抗生物質ライソシンの発見と作用機序の解明に成功
2014/12/02 (Tue) 松木則夫名誉教授が平成27年度日本薬学会賞を受賞
2014/12/02 (Tue) 有機反応化学教室・占部大介講師、薬品作用学教室・小山隆太助教、有機合成化学教室・相馬洋平ERATOグループリーダーが、平成27年度日本薬学会奨励賞を受賞
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP