ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/10/19 (Thu)

有機反応化学教室の橋本哲大学院生、加藤雄大大学院生、井上将行教授らが、ラジカル反応を鍵戦略とする複雑天然物レジニフェラトキシンの全合成に成功

有機反応化学教室の橋本哲大学院生、加藤駿一郎大学院生(当時)、加藤雄大大学院生、占部大介講師(当時)、井上将行教授は、高度に官能基化された中間体に対する3成分ラジカルカップリングおよびラジカル環化を鍵反応とする収束的な合成戦略により、複雑天然物レジニフェラトキシンの全合成を達成しました。本研究成果は、2017年10月17日付けでJournal of the American Chemical Society電子版に掲載されました。
 
発表論文
掲載雑誌名: Journal of the American Chemical Society
論文タイトル: Total Synthesis of Resiniferatoxin Enabled by Radical-Mediated Three-Component Coupling and 7-endo Cyclization
著者: Satoshi Hashimoto, Shun-ichiro Katoh, Takehiro Kato, Daisuke Urabe, Masayuki Inoue*
DOI: 10.1021/jacs.7b10177
論文へのリンクはこちら:
http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jacs.7b10177

発表概要:
レジニフェラトキシンは植物であるハッカクキリンから単離・構造決定されたダフナンジテルペンです。本天然物は、痛覚に関与する受容体TRPV1に作用し、脱感作を経て強力な鎮痛活性を示すことから新規鎮痛薬の候補化合物として期待されています。構造的特徴として5/7/6員環がトランスに縮環した3環性炭素骨格上に、7つの連続不斉中心を含む多数の酸素官能基を有している点が挙げられます。現在までに数多くの合成研究がなされてきましたが、その成功例はWenderらによる一例のみであり、極めて合成困難な複雑天然物として知られています。
今回、本研究グループは3成分ラジカルカップリング反応と、ラジカル環化反応を鍵工程として用いることで、レジニフェラトキシンの全合成を達成しました。ラジカル反応は温和な中性条件下で進行するため、極性官能基を損なうことなく複雑な分子骨格を一挙に構築できます。本研究成果によって、ラジカル反応の特性を生かした、独創的な天然物の収束的合成戦略が提供できました。異なる部分構造を3成分ラジカルカップリング反応に利用することで、多様な類縁化合物の網羅的合成へ応用できる可能性があり、今後レジニフェラトキシンの構造を基盤とした新規鎮痛薬の開発が期待されます。
 


前の記事へ 次の記事へ

2014/04/09 (Wed) 内山真伸教授らが折り畳み・曲げ伸ばし可能な有機半導体メモリーの創製に成功
2014/03/17 (Mon) 池谷裕二准教授らが記憶の脳回路痕跡を発見
2014/03/15 (Sat) 西田友明研究員、井田悠大学院生、國信洋一郎ERATOプロジェクトグループリーダー(准教授相当)、金井求教授が位置選択的な新規トリフルオロメチル化反応を開発
2014/03/03 (Mon) 金津邦彦大学院生、岩坪威教授、富田泰輔准教授らがアルツハイマー病発症予防因子CALMの機能を解明
2014/03/01 (Sat) 垣内 力准教授が平成26年日本細菌学会 小林六造記念賞を受賞
2014/02/24 (Mon) 今村亮俊大学院生、関水和久教授、および秋光信佳准教授(アイソトープ総合セン ター、薬学系研究科兼担教員)らがウイルスと戦うための新たな自然免疫の仕組みを発見
2014/01/30 (Thu) 内山 真伸教授が2013年度有機合成化学協会「日産化学・有機合成新反応/手法賞」 を受賞
2014/01/29 (Wed) 丸山剛元特任研究員、松沢厚特任准教授、一條秀憲教授らが、細胞死や免疫応答を調節する新たな分子メカニズムを発見
2014/01/17 (Fri) 生体異物学(来年度より分子生物学)教室の後藤由季子教授が第30回井上学術賞を受賞。
2014/01/17 (Fri) 生体異物学(来年度より分子生物学)教室の後藤由季子教授が平成26年度安田記念医学賞を受賞。
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP