ニュース|東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部
  • アクセス・お問合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 東京大学
東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

ニュース

2017/12/14 (Thu)

機能病態学教室の蔡哲夫大学院生、富田泰輔教授らが、γセクレターゼの活性化に関わる構造変化を世界で初めて解明

機能病態学教室の蔡哲夫大学院生、富田泰輔教授は、エーザイ株式会社の世永雅弘シニアディレクターと共同で、γセクレターゼモジュレーターE2012の作用機序を解明しました。本研究成果は、2017年12月13日付で米国神経科学会誌「The Journal of Neuroscience」に公開されました。
 
発表論文
掲載雑誌名: The Journal of Neuroscience
論文タイトル: Activation of γ-Secretase Trimming Activity by Topological Changes of Transmembrane Domain 1 of Presenilin 1
著者: Tetsuo Cai, Masahiro Yonaga and Taisuke Tomita
DOI: https://doi.org/10.1523/JNEUROSCI.1628-17.2017
論文へのリンクはこちら:
http://www.jneurosci.org/content/37/50/12272
 
研究発表の概要
Aβの凝集性や毒性を規定するC末端長を選択的に短くする化合物であるγセクレターゼモジュレーター(γセクレターゼ制御薬、GSM)はアルツハイマー病治療・予防薬候補と考えられています。我々はこれまでにフェニルイミダゾール型GSMが活性中心サブユニットであるPresenilinの第一ループ領域に結合することを明らかとしていましたが、今回エーザイ社によって作成、開発されたGSMであるE2012もPresenilinの第一ループ領域を標的領域とすること、更にE2012の相互作用の結果、第一膜貫通領域(TMD1)の膜内位置が上向きに変化することを見出しました。これはGSMがγセクレターゼ活性化薬として機能していることが改めて示され、またGSMのもたらすコンフォメーション変化を世界で初めて明らかにすることができました。本研究は当研究科創薬科学連携客員講座 世永雅弘教授(当時、現エーザイ株式会社シニアディレクター)との共同研究の成果です。
 
 


前の記事へ 次の記事へ

2014/09/10 (Wed) 齋藤康太助教、堅田利明教授らのグループが、巨大分子であるコラーゲンの分泌について新たなメカニズムを解明
2014/08/25 (Mon) 劉霆大学院生、山口良文助教、三浦正幸教授らが、炎症性細胞死とサイトカイン分泌との関連を解明
2014/08/05 (Tue) 薬品代謝化学の浦野泰照教授らが自然に明滅する蛍光色素の開発と超解像蛍光イメージングへの応用に成功
2014/07/30 (Wed) 分子薬物動態学教室の林久允助教、直井壯太朗大学院生、楠原洋之教授らが、こどもの肝臓病に有効な薬剤を発見
2014/07/24 (Thu) 竹尾浩史元大学院生、岩坪威教授、富田泰輔教授らが、アルツハイマー症治療薬候補γセクレターゼ修飾薬の作動原理を解明
2014/07/02 (Wed) 千原崇裕准教授、三浦正幸教授らが、老いた個体の行動を左右する嗅覚神経の細胞死を同定
2014/06/30 (Mon) 天然物化学教室の脇本敏幸准教授、江上蓉子特任研究員、阿部郁朗教授らのグループが海綿動物由来細胞毒性物質の生合成遺伝子および生産菌の同定に成功
2014/05/19 (Mon) 分子生物学教室の後藤由季子教授が第22回木原記念財団学術賞を受賞
2014/05/12 (Mon) 基礎有機化学教室の内山 真伸教授、巳上 幸一郎 JSPS 特別研究員らのグループが、ホウ素カチオンの創製に成功
2014/05/09 (Fri) モサラネジャッド健太元大学院生、関根悠介元助教、一條秀憲教授らが、ウイルス感染応答を制御する新たな分子メカニズムを解明
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

PAGE TOP