メニュー

EN

教室紹介

細胞分子化学教室(医科研・幹細胞分子医学分野)

教授:岩間厚志
助教:大島基彦
特任助教:中島やえ子

幹細胞研究から多様な生命現象を解き明かす

研究課題
  1. 幹細胞の自己複製機構
  2. 癌と加齢のエピジェネティクス
 幹細胞は自己を複製する能力(自己複製能)および分化多能性を有する細胞であり、個体の発生・維持において基幹となる細胞です。当研究室では、幹細胞の自己複製機構の分子基盤の解明を通して、「幹細胞生物学」の真髄となる真理の探究を目指しています。また、幹細胞制御機構の破綻が多くの疾患につながることが明らかになり、幹細胞研究から多様な生命現象を解き明かすことも重要なテーマです。
 研究課題1 幹細胞の自己複製機構:自己複製の過程において、幹細胞の持つ遺伝子発現様式は厳密に維持されます。すなわち幹細胞特有の「細胞記憶」が細胞分裂をへて維持されるわけです。「細胞記憶」の維持機構として近年注目されているものがDNAのメチル化やヒストン修飾などのエピジェネティック制御機構です。私たちも、ヒストン修飾に関わるポリコーム群複合体などを研究の切り口に、幹細胞の細胞記憶とエピジェネティクスを精力的に解析しています。また、幹細胞の自己複製に関与する分子機構の理解を通して、幹細胞の制御法の開発を目指しています。研究対象は主に造血幹細胞です。
 研究課題2 癌と加齢のエピジェネティクス:ジェネティックな異常に加えて、DNAやヒストン蛋白の化学修飾に代表されるエピジェネティックな転写制御機構の破綻が、がんの発症過程に関与することが明らかになりつつあります。特に、ゲノムシークエンス解析により、様々なエピジェネティック関連遺伝子の変異が同定され、がんのエピジェネティック異常はジェネティックな機構によっても大いに引き起こされうることが明らかとなりました。このようなエピジェネティック制御機構の破綻は、がんの発症・進展における新しい分子機構を提示するものであり、治療標的としても注目されています。また、加齢に伴う幹細胞のエピゲノム変化も、私たちの個体の加齢や疾患の発症に関わることが明らかになりつつあります。このような背景をもとに、私たちもがんや加齢のエピジェネティクス研究に注力し、新しい治療法の確立につながる研究を目指しています。研究対象は主に造血器腫瘍と造血幹細胞のエイジングです。

 


東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑