メニュー

EN

トピックス

2018/03/29

小幡史明助教、津田(櫻井)香代子特任研究員、三浦正幸教授らが、食物栄養由来のアミノ酸代謝物SAMが腸組織の恒常性に寄与することを発見


 遺伝学教室の小幡史明助教、津田(櫻井)香代子特任研究員、三浦正幸教授らは、メチオニンの一次代謝産物であるS-アデノシルメチオニン(SAM)が腸組織の恒常性維持に働くことを、ショウジョウバエを用いて明らかにしました。本研究成果は2018年3月26日付けの米科学誌「Developmental Cell」に掲載されました。
 
原著論文:
Fumiaki Obata, Kayoko Tsuda-Sakurai, Takahiro Yamazaki, Ryo Nishio, Kei Nishimura, Masaki Kimura, Masabumi Funakoshi, and Masayuki Miura.
“Nutritional control of stem cell division through S-adenosylmethionine in Drosophila intestine.”
Developmental Cell, Volume 44, Issue 6, March 26, 2018
doi: 10.1016/j.devcel.2018.02.017
http://www.cell.com/developmental-cell/fulltext/S1534-5807(18)30149-7
【掲載号の表紙を飾りました】
http://www.cell.com/developmental-cell/issue?pii=S1534-5807(17)X0007-5
 
【発表概要】
 食物由来の栄養とその代謝産物は、生体組織の恒常性を保ち、健康を維持する上で欠かせないものです。組織の恒常性は組織幹細胞の増殖と分化によって保たれています。しかし、栄養がどのように組織幹細胞の活性に関わっているかについては理解が進んでいませんでした。
 研究グループは、ショウジョウバエをモデルとして、S-アデノシルメチオニン(SAM)が、腸幹細胞の分裂に必要であることを発見しました。SAMは、摂取栄養分に含まれるメチオニンの一次代謝産物であり、細胞内において様々な標的分子のメチル化に使われることで、標的分子の機能を制御することが知られています。本研究において、SAMによるタンパク質翻訳因子のメチル化が、腸幹細胞の翻訳調節を介して分裂を制御していることが示されました。これとは対照的に、分裂を起こさない栄養吸収細胞である腸上皮においてSAMが欠乏した場合は、サイトカインの一種であるUpd3の産生が誘導されることが分かりました。このUpd3は、飢餓状態からの再摂食時に起きる腸幹細胞の分裂活性化に必要であることも分かりました。
 今回の研究により、腸組織ではSAMが指令分子となって、異なる細胞で異なる機能を発揮することで、組織の恒常性を維持していることが明らかになりました。本研究により、組織の生理機能や病態機構を探る上で、細胞種ごとのアミノ酸代謝解析の重要性が浮かび上がって来ました。
 
詳しくはこちら

2018/09/20
プレスリリース 東京大学医学部附属病院・薬剤部の池淵祐樹 助教、本間雅 講師、鈴木洋史 教授らの研究グループは、骨芽細胞に発現するRANKLが骨芽細胞分化・骨形成を促進するシグナル受容分子として機能することを初めて発見
2018/09/07
プレスリリース 蛋白構造生物学教室の清水光大学院生、藤間祥子助教、清水敏之教授がグアニンヌクレオチド交換因子SmgGDSによる脂質修飾された低分子量Gタンパク質の認識および新規GEF機構を解明
2018/09/05
お知らせ 研究・教育年報 第22巻を公開しました
2018/08/30
プレスリリース 有機反応化学教室の喜多村佳委博士、伊藤寛晃助教、井上将行教授が、抗がんペプチド系天然物ヤクアミドBの作用機構を解明
2018/08/30
プレスリリース 薬品作用学教室の坂口哲也博士と池谷裕二教授が、エタノールが他者の心を読む能力を強める仕組み解明
2018/08/30
プレスリリース 天然物化学教室の淡川孝義講師、阿部郁朗教授、産業技術総合研究所の新家一男 主任研究員らが、モジュール酵素の効率的反応改変法の開発に成功
2018/08/26
プレスリリース 蛋白構造生物学教室の長江雅倫特任研究員らが、がん化促進に関わる糖転移酵素GnT-V(N-acetylglucosaminyltransferase-V)の基質認識機構を立体構造から解明
2018/07/31
プレスリリース 衛生化学教室の新井洋由教授、 田口友彦特任准教授(現 東北大学大学院生命科学研究科教授)らが 自然免疫応答分子STING(Stimulator of interferon genes)がニトロ化 不飽和脂肪酸によって不活性化されること、さらに、その不活化の分子 機構を解明
2018/07/25
プレスリリース 有機反応化学教室の早田敦博士、伊藤寛晃助教、井上将行教授が、巨大複雑天然物ポリセオナミドBの新しい細胞死誘導メカニズムを解明
2018/07/18
プレスリリース 細胞情報学教室の圓谷奈保美 大学院生、本間謙吾特任助教、藤澤貴央助教、一條秀憲教授らの 共同研究チームは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)が発症する分子メカ ニズムを明らかに
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑