メニュー

EN

トピックス

2018/03/29

小幡史明助教、津田(櫻井)香代子特任研究員、三浦正幸教授らが、食物栄養由来のアミノ酸代謝物SAMが腸組織の恒常性に寄与することを発見


 遺伝学教室の小幡史明助教、津田(櫻井)香代子特任研究員、三浦正幸教授らは、メチオニンの一次代謝産物であるS-アデノシルメチオニン(SAM)が腸組織の恒常性維持に働くことを、ショウジョウバエを用いて明らかにしました。本研究成果は2018年3月26日付けの米科学誌「Developmental Cell」に掲載されました。
 
原著論文:
Fumiaki Obata, Kayoko Tsuda-Sakurai, Takahiro Yamazaki, Ryo Nishio, Kei Nishimura, Masaki Kimura, Masabumi Funakoshi, and Masayuki Miura.
“Nutritional control of stem cell division through S-adenosylmethionine in Drosophila intestine.”
Developmental Cell, Volume 44, Issue 6, March 26, 2018
doi: 10.1016/j.devcel.2018.02.017
http://www.cell.com/developmental-cell/fulltext/S1534-5807(18)30149-7
【掲載号の表紙を飾りました】
http://www.cell.com/developmental-cell/issue?pii=S1534-5807(17)X0007-5
 
【発表概要】
 食物由来の栄養とその代謝産物は、生体組織の恒常性を保ち、健康を維持する上で欠かせないものです。組織の恒常性は組織幹細胞の増殖と分化によって保たれています。しかし、栄養がどのように組織幹細胞の活性に関わっているかについては理解が進んでいませんでした。
 研究グループは、ショウジョウバエをモデルとして、S-アデノシルメチオニン(SAM)が、腸幹細胞の分裂に必要であることを発見しました。SAMは、摂取栄養分に含まれるメチオニンの一次代謝産物であり、細胞内において様々な標的分子のメチル化に使われることで、標的分子の機能を制御することが知られています。本研究において、SAMによるタンパク質翻訳因子のメチル化が、腸幹細胞の翻訳調節を介して分裂を制御していることが示されました。これとは対照的に、分裂を起こさない栄養吸収細胞である腸上皮においてSAMが欠乏した場合は、サイトカインの一種であるUpd3の産生が誘導されることが分かりました。このUpd3は、飢餓状態からの再摂食時に起きる腸幹細胞の分裂活性化に必要であることも分かりました。
 今回の研究により、腸組織ではSAMが指令分子となって、異なる細胞で異なる機能を発揮することで、組織の恒常性を維持していることが明らかになりました。本研究により、組織の生理機能や病態機構を探る上で、細胞種ごとのアミノ酸代謝解析の重要性が浮かび上がって来ました。
 
詳しくはこちら

2018/05/09
プレスリリース 天然物化学教室の胡丹特別研究員、阿部郁朗教授らが、生物共生微生物における新規ステロイド生合成経路の解明に成功new
2018/05/03
プレスリリース 薬品作用学教室の八幡洋輔大学院生および池谷裕二教授らが、熟慮後の失敗が学習を促進することを発見
2018/04/26
プレスリリース 薬品代謝化学教室の高橋翔 大大学院生、鏡味優大学院生、花岡健二郎准教授、浦野泰照教授らの 研究グループは、生きている細胞から臓器までのpHを蛍光で簡便に 計測する技術を開発
2018/04/24
プレスリリース 基礎有機化学教室の王 超 助教、内山 真伸 教授らが、不活性な C–O/C–N 結合を切断しながら高分子合成を行う新反応を開発
2018/04/16
お知らせ 平成29年度 薬学教育評価の評価結果について
2018/04/11
受賞 薬品代謝化学教室・小松徹特任助教、有機合成化学教室・相馬洋平グループリーダー(講師相当)が、平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰の若手科学者賞を受賞
2018/04/06
プレスリリース 蛋白構造生物学教室の大戸梅治准教授、石田英子特任研究員、清水敏之教授らが、微生物のDNAを感知する自然免疫受容体Toll様受容体9(TLR9)が2種類のDNAによって活性化する機構を解明
2018/03/29
プレスリリース 小幡史明助教、津田(櫻井)香代子特任研究員、三浦正幸教授らが、食物栄養由来のアミノ酸代謝物SAMが腸組織の恒常性に寄与することを発見
2018/03/23
受賞 井上将行教授(有機反応化学教室)が、読売テクノ・フォーラム ゴールド・メダル賞を受賞
2018/03/18
プレスリリース 有機合成化学教室と機能病態学教室が共同で脳内のアミロイドβ量を減少させる光触媒を開発
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑