メニュー

EN

トピックス

2018/04/06

蛋白構造生物学教室の大戸梅治准教授、石田英子特任研究員、清水敏之教授らが、微生物のDNAを感知する自然免疫受容体Toll様受容体9(TLR9)が2種類のDNAによって活性化する機構を解明


東京大学大学院薬学系研究科の大戸梅治准教授、石田英子特任研究員、清水敏之教授、東京大学医科学研究所の柴田琢磨助教、三宅健介教授らの研究グループは、微生物の侵入を感知して免疫系を活性化するToll様受容体9(TLR9)と呼ばれるタンパク質の新しいDNA結合部位を明らかにしました。本研究成果は2018年4月3日付で米科学誌「Immunity」(オンライン版)に掲載されました。
 
原著論文:
Umeharu Ohto, Hanako Ishida, Takuma Shibata, Ryota Sato, Kensuke Miyake, and Toshiyuki Shimizu.
"Toll-like receptor 9 contains two DNA binding sites that function cooperatively to promote receptor dimerization and activation."
Immunity48, 1-10. (2018). DOI: 10.1016/j.immuni.2018.03.013
論文へのリンクはこちら
https://doi.org/10.1016/j.immuni.2018.03.013
 
細菌やウイルスなど病原体の感染を防ぐ仕組みとして、私たちの体には自然免疫機構が備わっており、Toll様受容体(TLR)と呼ばれるタンパク質は主要な役割を担うセンサーの一つです。TLR受容体の一種であるTLR9は、微生物由来のDNA配列(CpGモチーフ)を感知することで、インターフェロンなどの産生を促します。TLR9は、抗ウイルス薬やアレルギー薬などの創薬の標的として注目されていますが、活性化機構には不明な点が多く残されていました。
研究グループは、これまで知られているCpGモチーフ配列を持つDNAに加えて、末端から2番目にシトシンを持つDNAがTLR9の活性化に重要であることを示しました。構造解析と生化学実験の結果、新しく見いだしたDNA配列がCpGモチーフ配列を持つDNAとは異なる部位に結合し、TLR9とこれら2種類のDNAが2対2対2の比率で結合することで、TLR9が効率的に二量体を形成し活性化する機構を明らかにしました。
TLR9受容体の詳細な活性化機構が明らかになったことで、今後、抗ウイルス薬、アレルギー薬、ワクチンなどの治療薬の設計につながると期待されます。
 
詳しくはこちら

2018/07/31
プレスリリース 衛生化学教室の新井洋由教授、 田口友彦特任准教授(現 東北大学大学院生命科学研究科教授)らが 自然免疫応答分子STING(Stimulator of interferon genes)がニトロ化 不飽和脂肪酸によって不活性化されること、さらに、その不活化の分子 機構を解明
2018/07/25
プレスリリース 有機反応化学教室の早田敦博士、伊藤寛晃助教、井上将行教授が、巨大複雑天然物ポリセオナミドBの新しい細胞死誘導メカニズムを解明
2018/07/18
プレスリリース 細胞情報学教室の圓谷奈保美 大学院生、本間謙吾特任助教、藤澤貴央助教、一條秀憲教授らの 共同研究チームは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)が発症する分子メカ ニズムを明らかに
2018/07/05
お知らせ 東京大学薬学部「女子中高生サイエンスツアー」開催のお知らせ
2018/06/30
受賞 有機合成化学教室・生長幸之助講師が2018年三井化学触媒科学奨励賞を受賞
2018/05/26
プレスリリース 薬品作用学教室(星雄高大学院生、 小山隆太准教授、池谷裕二教授)、生体分析化学教室(岡部弘基助教、船津 高志教授)、そして群馬大学大学院医学系研究科(柴崎貢志准教授)らの共同研究チームが、脳浮腫が生じる新たなメカニズムを解明
2018/05/09
プレスリリース 天然物化学教室の胡丹特別研究員、阿部郁朗教授らが、生物共生微生物における新規ステロイド生合成経路の解明に成功
2018/05/03
プレスリリース 薬品作用学教室の八幡洋輔大学院生および池谷裕二教授らが、熟慮後の失敗が学習を促進することを発見
2018/04/26
プレスリリース 薬品代謝化学教室の高橋翔 大大学院生、鏡味優大学院生、花岡健二郎准教授、浦野泰照教授らの 研究グループは、生きている細胞から臓器までのpHを蛍光で簡便に 計測する技術を開発
2018/04/24
プレスリリース 基礎有機化学教室の王 超 助教、内山 真伸 教授らが、不活性な C–O/C–N 結合を切断しながら高分子合成を行う新反応を開発
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑