メニュー

EN

トピックス

2018/05/03

薬品作用学教室の八幡洋輔大学院生および池谷裕二教授らが、熟慮後の失敗が学習を促進することを発見


東京大学大学院薬学系研究科の池谷裕二教授らの研究グループは、じっくりと考えた後の失敗こそが学習を促進することを明らかにしました。本研究成果は、2018年4月25日のPLOS
ONE誌(オンライン版)に掲載され、読売新聞等のメディアでも紹介されました。

雑誌:PLOS ONE(4月25日オンライン版)
題目:Answering Hastily Retards Learning
著者:Yawata, Y., Makino, K., Ikegaya, Y.


常に変化する環境にうまく適応するためには、柔軟な判断や意思決定を行うことが必須です。そのためには、1)決定の適切さ、2)決定の迅速さ、の少なくとも二つの要素が重要です。しかしながら、実社会では、素早く下した結論が正しいとは限らないなど、2つの要素は必ずしも両立するとは限りません。そこで、両要素のどちらが学習成立により重要かを調べるために、光の手掛かり刺激を活用して2つの選択肢から正しい方を選択させる課題をラットに解かせました。ラットが選択するまでの時間(反応潜時)を測定し、各ラットの学習成績との関係を解析した結果、学習成立前の反応潜時が短い、つまり結論に早く飛びついてしまうラットほど、課題の学習成立が遅くなることを見出しました。とくに誤った選択をする場合にこの傾向が強く観察されました。また、学習過程における正解(つまり、偶然の成功)の回数は、学習速度とは無関係でした。本研究により、成功体験そのものよりも、じっくりと時間をかけて考慮したうえで失敗するほうが、学習の成立にとって重要であることが示唆されます。本研究成果は、生物の生存戦略を考える上での根本的な知見となるだけでなく、動物の個性を生み出す脳のメカニズムを解明する一端となることが期待されます。
 
詳しくはこちら

2018/11/13
プレスリリース 宇井理生名誉教授が文化功労者に選出new
2018/09/20
プレスリリース 東京大学医学部附属病院・薬剤部の池淵祐樹 助教、本間雅 講師、鈴木洋史 教授らの研究グループは、骨芽細胞に発現するRANKLが骨芽細胞分化・骨形成を促進するシグナル受容分子として機能することを初めて発見
2018/09/07
プレスリリース 蛋白構造生物学教室の清水光大学院生、藤間祥子助教、清水敏之教授がグアニンヌクレオチド交換因子SmgGDSによる脂質修飾された低分子量Gタンパク質の認識および新規GEF機構を解明
2018/09/05
お知らせ 研究・教育年報 第22巻を公開しました
2018/08/30
プレスリリース 有機反応化学教室の喜多村佳委博士、伊藤寛晃助教、井上将行教授が、抗がんペプチド系天然物ヤクアミドBの作用機構を解明
2018/08/30
プレスリリース 薬品作用学教室の坂口哲也博士と池谷裕二教授が、エタノールが他者の心を読む能力を強める仕組み解明
2018/08/30
プレスリリース 天然物化学教室の淡川孝義講師、阿部郁朗教授、産業技術総合研究所の新家一男 主任研究員らが、モジュール酵素の効率的反応改変法の開発に成功
2018/08/26
プレスリリース 蛋白構造生物学教室の長江雅倫特任研究員らが、がん化促進に関わる糖転移酵素GnT-V(N-acetylglucosaminyltransferase-V)の基質認識機構を立体構造から解明
2018/07/31
プレスリリース 衛生化学教室の新井洋由教授、 田口友彦特任准教授(現 東北大学大学院生命科学研究科教授)らが 自然免疫応答分子STING(Stimulator of interferon genes)がニトロ化 不飽和脂肪酸によって不活性化されること、さらに、その不活化の分子 機構を解明
2018/07/25
プレスリリース 有機反応化学教室の早田敦博士、伊藤寛晃助教、井上将行教授が、巨大複雑天然物ポリセオナミドBの新しい細胞死誘導メカニズムを解明
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑