メニュー

EN

トピックス

2018/07/18

細胞情報学教室の圓谷奈保美 大学院生、本間謙吾特任助教、藤澤貴央助教、一條秀憲教授らの 共同研究チームは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)が発症する分子メカ ニズムを明らかに


細胞情報学教室の圓谷奈保美大学院生、本間謙吾特任助教、藤澤貴央助教、一條秀憲教授らの共同研究チームは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)が発症する分子メカニズムを明らかにし、分子メカニズムに基づいたALS治療薬の開発基盤候補として、2つのタンパク質間相互作用を阻害する化合物の創出に成功しました。本研究成果は2018年7月10日付でNature Communications誌(オンライン版)に掲載されました。
 
雑誌:Nature Communications
題目:A small-molecule inhibitor of SOD1-Derlin-1 interaction ameliorates pathology in an ALS mouse model
著者:Naomi Tsuburaya#, Kengo Homma#, Tsunehiko Higuchi,Andrii Balia,Hiroyuki Yamakoshi, Norio Shibata, Seiichi Nakamura, Hidehiko Nakagawa, Shin-ichi Ikeda, Naoki Umezawa, Nobuki Kato, Satoshi Yokoshima, Masatoshi Shibuya, Manabu Shimonishi, Hirotatsu Kojima, Takayoshi Okabe, Tetsuo Nagano, Isao Naguro,Keiko Imamura,Haruhisa Inoue, Takao Fujisawa, and Hidenori Ichijo*
DOI番号:10.1038/s41467-018-05127-2
アブストラクトURL:http://www.nature.com/articles/s41467-018-05127-2
 
 筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic Lateral Sclerosis;ALS)は、50代〜70代にかけた人生の中盤から後半において発症する割合が高い、運動神経が特異的に障害される神経変性疾患です。ALSが発症する原因の1つとしてCu/Zn superoxide dismutase(SOD1) の遺伝子変異が知られています。しかしながら、SOD1遺伝子に変異が入ることで、どのようなメカニズムで運動神経細胞死が惹起されるのか、その詳細はわかっていません。
 研究グループは、これまでにALS患者で発見された変異型SOD1が、小胞体に存在するDerlin-1というタンパク質と結合することで、運動神経細胞死を引き起こすこと明らかにしてきました。しかし、この2つのタンパク質の結合を阻害することが、本当にALS病態の改善につながるかについては不明でした。今回同研究グループは、SOD1とDerlin-1の結合を阻害する化合物を見出し、その化合物がALS病態改善効果を示すことを明らかにしました。
本研究成果は、SOD1とDerlin-1のタンパク質間相互作用の阻害がALS治療標的になること、分子メカニズムに基づいたALS治療薬の開発基盤候補として、SOD1とDerlin-1のタンパク質間相互作用を阻害する化合物の創出に成功したことを示しており、今後発症機構に基づいた新規ALS治療薬の開発に繋がることが期待されます。
 
詳しくはこちら

2019/03/14
プレスリリース 生命物理化学教室の外山侑樹博士研究員と嶋田一夫教授らが、Rac1発がん性タンパク質の恒常活性化メカニズムを解明new
2019/02/27
プレスリリース 生理化学教室の北川大樹教授、渡辺紘己研究員、高尾大輔助教、伊藤慶(学部四年生)らが、Cep57-PCNT複合体による分裂期中心体の制御機構と、その破綻によるMVA症候群、MOPDⅡの発症機構を解明
2019/01/28
プレスリリース 薬化学教室の尾谷優子講師、劉しん大学院学生、大和田智彦教授らが、360度回転するラ クタムアミドの構築に成功
2019/01/17
プレスリリース 有機合成化学教室の三ツ沼治信 助教、田辺駿 学部生、布施拡 大学院生、金井求 教授らが、可視光のエネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒システムの開発に成功
2019/01/15
プレスリリース 天然物化学教室の胡志娟大学院生、淡川孝義講師、阿部郁朗教授らが、天然由来スルホンアミド抗生物質生合成に関わる新規多段階酸化酵素を発見
2019/01/11
プレスリリース 有機合成化学教室の若木貴行大学院生と金井求教授らの研究グループが、C-H結合を組み換えて炭化水素をアップグレードする触媒を開発
2019/01/09
プレスリリース 薬品作用学教室の野村洋助教(現・北海道大学大学院薬学研究院講師)、池谷裕二教授らの研究グループが、忘れた記憶を復活させる薬を発見
2019/01/07
受賞 生長幸之助講師(有機合成化学教室)、長友優典講師(有機反応化学教室)、宮本和範講師(基礎有機化学教室)がThieme Chemistry Journal Award 2019を受賞
2018/12/18
プレスリリース 分子生物学教室の壷井將史大学院生、岸雄介講師、平林祐介准教授、後藤由季子教授らの研究グループはマウス大脳の神経幹細胞を用い、組織幹細胞が特定の細胞だけを生み出せる機構のひとつを解明
2018/12/04
受賞 機能病態学教室・富田泰輔教授が2018年度島津奨励賞を受賞
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑