メニュー

EN

トピックス

2018/07/25

有機反応化学教室の早田敦博士、伊藤寛晃助教、井上将行教授が、巨大複雑天然物ポリセオナミドBの新しい細胞死誘導メカニズムを解明


有機反応化学教室の早田敦博士、伊藤寛晃助教、井上将行教授は、巨大複雑構造ペプチドであるポリセオナミドBの固相全合成法の確立と応用により、本分子による細胞死誘導機構を初めて明らかにしました。本研究成果は、2018年7月24日付けでJournal of the American Chemical Society電子版に掲載されました。

発表論文
掲載雑誌名: Journal of the American Chemical Society
論文タイトル: Solid-Phase Total Synthesis and Dual Mechanism of Action of the Channel-Forming 48-mer Peptide Polytheonamide B
著者: Atsushi Hayata, Hiroaki Itoh, Masayuki Inoue*
DOI: 10.1021/jacs.8b06755
論文へのリンクはこちら:
http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jacs.8b06755

発表概要:
ポリセオナミドBは海綿共生生物が生産する巨大ペプチド天然物です。通常のペプチドと比べて非常に複雑な構造を持つ本化合物は、β-ヘリックスという特殊なナノチューブを形成し、脂質二重膜中でイオンチャネルとして機能します。また、本化合物はがん細胞に対して極めて強力な毒性を示すことから、抗がん薬シーズとしても期待されています。しかしながら、入手性の乏しさからポリセオナミドBの細胞に対する作用の詳細はこれまで全く分かっていませんでした。今回、本研究グループは、ポリマー上でアミノ酸を連結する固相合成を駆使し、非常に複雑な構造を持つポリセオナミドBの全体構造をポリマー上で構築する固相全合成法を新たに確立しました。また、合成分子の細胞内挙動解析により、本化合物はこれまで予想されていた細胞膜への挿入に加え、エンドサイトーシス経由でリソソームに集積することが初めて分かりました。さらに、本化合物は細胞膜でのイオンチャネル形成によりイオン濃度の勾配を乱す上、リソソーム膜でのイオンチャネル形成によりリソソーム-細胞質間のpH勾配を消失させる効果を示し、これらの複合的な効果により細胞死を誘導することを初めて明らかにしました。このような作用を示す化合物はこれまで知られておらず、ポリセオナミドBが初めての例となります。
本研究成果は、巨大複雑天然物の創薬応用への新たな可能性を示すものであり、今後ポリセオナミドBの特異な構造と機能を利用した抗がん薬シーズ開発が期待されます。
 

2019/06/10
プレスリリース 化学物質安全性評価システム構築(社会連携講座)の竹内春樹特任准教授、および薬品作用学教室の中嶋藍特任助教と伊原尚樹大学院生らの研究グループが神経回路形成の新たなルールを解明new
2019/06/05
プレスリリース 薬品作用学教室の小山隆太准教授と安藤めぐみ大学院生らの研究グループが、自閉症モデルマウスを用いて、自閉症の治療における運動の有効性とマイクログリアの関与を発見
2019/05/26
プレスリリース 薬品作用学教室の折田健大学院生と池谷裕二教授らが、人工知能を用いたヒトiPS由来細胞培養の品質管理法を開発
2019/05/23
イベント 東京大学ITヘルスケア社会 連携講座と3Hホールディングスが、患者による情報の管理と利活用に 基づいた患者中心の医薬品開発の推進についての新プログラムを開始し、 2019年5月20日に記者会見を開催
2019/05/23
プレスリリース 機能病態学教室の堀由起子助教と富田泰輔教授、有機合成化学教室の相馬洋平グループリーダーと金井求教授らが、タウアミロイドに対する光酸素化の凝集抑制効果を解明
2019/05/18
プレスリリース 分子生物学教室の田中秀明大学院学生、岡崎朋彦助教、後藤由季子教授が、ペルオキシソームの新たな機能を発見
2019/04/19
プレスリリース 生理化学教室の山本昌平特任研究員と北川大樹教授が、Plk4の自己組織化特性による中心小体複製の制御機構を解明
2019/04/10
受賞 生長幸之助講師(有機合成化学教室)、林久允助教(分子薬物動態学教室)が平成31年度文部科学大臣表彰を受賞
2019/04/09
受賞 阿部郁朗教授(天然物化学教室)、宮本和範准教授(基礎有機化学教室)、川島茂裕特任講師(有機合成化学教室)が平成31年度文部科学大臣表彰を受賞
2019/04/02
プレスリリース 天然物化学教室の淡川孝義講師、阿部郁朗教授らが、糸状菌の生産する医薬品シードメロテルペノイド化合物アスコフラノンの生合成経路を解明し、遺伝子破壊の手法によりその大量生産系の構築に成功
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑