メニュー

EN

トピックス

2018/07/31

衛生化学教室の新井洋由教授、 田口友彦特任准教授(現 東北大学大学院生命科学研究科教授)らが 自然免疫応答分子STING(Stimulator of interferon genes)がニトロ化 不飽和脂肪酸によって不活性化されること、さらに、その不活化の分子 機構を解明


東京大学大学院薬学系研究科衛生化学教室の新井洋由教授、田口友彦特任准教授(現 東北大学大学院生命科学研究科教授)らは、デンマークオーフス大学Christian Holm博士のグループとの共同研究により、自然免疫応答分子STING(Stimulator of interferon genes)がニトロ化不飽和脂肪酸によって不活性化されること、さらに、その不活化の分子機構を明らかにしました。本研究は、STINGの活性化に必要なパルミトイル化(当教室の向井助教らによる発見:Nature Communications 2016)を阻害する内因性の代謝物を初めて明らかにした報告になります。
 
STINGは、細胞質に出現したDNAに応答して、インターフェロン応答および炎症応答を惹起するタンパク質です。その発見以来、STINGはウイルスやバクテリアなどの感染・侵入時に細胞質に持ち込まれる異物由来のDNAに対する自然免疫分子というコンテキストで研究されてきましたが、ここ数年、自己由来のDNAにも応答して炎症応答を引き起こすことが明らかになり、大きな注目を集めています。例えば、老化や放射線被爆などにより核膜やミトコンドリア膜が傷つくと、これらオルガネラから細胞質にDNAが漏出してしまい、STINGはこの自己由来の細胞質DNAに応答して炎症を引き起こすことが示されています。
 
本研究により、ニトロ化不飽和脂肪酸は、これら自己DNAが引き起こす炎症に対する治療薬の開発に繋がることが期待されます。
本研究成果は2018年7月30日(米国東部時間午後3時)、米国科学雑誌「Proceedings of the National Academy of Sciences」で公開されました。
 
詳しくはこちら

2020/06/04
受賞 竹内春樹 特任准教授(化学物質安全性評価システム構築講座)、小幡史明 講師(遺伝学教室)、佐々木拓也 助教(薬品作用学教室)が令和2年度文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞new
2020/05/29
プレスリリース 天然物化学教室の翟睿 大学院生、森貴裕 助教、阿部郁朗 教授らが非リボソームペプチドの環化機構を解明new
2020/05/26
プレスリリース 衛生化学教室の田中悠貴 大学院生、嶋中雄太 助教(研究当時)、新井 洋由名誉教授、河野望 准教授らが、非アルコール性脂肪性肝疾患の発症機構を解明new
2020/05/23
受賞 基礎有機化学教室の 楊 沢コン 大学院生が、2019年度中国優秀私費留学生奨励賞を受賞
2020/05/19
プレスリリース 薬品代謝化学教室の浦野泰照 教授、両角明彦 大学院生、医学系研究科生体情報学の神谷真子 准教授らが、新しい原理に基づく細胞内で自発的に明滅を繰り返す色素の開発に成功
2020/05/08
プレスリリース 機能病態学教室の富田泰輔 教授、堀由起子 講師、邱詠玟 大学院生らと、新潟大学脳研究所の池内健 教授らが、新規Aβ産生制御分子CIB1の同定に成功
2020/05/04
プレスリリース 基礎有機化学教室の宮本 和範 准教授、内山 真伸 教授らの研究グループが炭素二原子分子(C2)の常温化学合成に世界で初めて成功
2020/03/12
プレスリリース 薬品代謝化学教室の坂本眞伍 大学院生、小松徹 特任助教、浦野泰照 教授らが、血液中の1分子レベルの酵素活性検出に基づく新たな病態診断法を開発
2020/02/29
受賞 天然物化学教室の淡川孝義 准教授がIsoprenoid Society の Kenji Mori Medal を受賞
2020/02/28
プレスリリース 薬品作用学教室の宮脇健行 大学院生(研究当時)、池谷裕二 教授らが、マウス全脳血管ネットワーク可視化手法の開発に成功
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑