メニュー

EN

トピックス

2018/07/31

衛生化学教室の新井洋由教授、 田口友彦特任准教授(現 東北大学大学院生命科学研究科教授)らが 自然免疫応答分子STING(Stimulator of interferon genes)がニトロ化 不飽和脂肪酸によって不活性化されること、さらに、その不活化の分子 機構を解明


東京大学大学院薬学系研究科衛生化学教室の新井洋由教授、田口友彦特任准教授(現 東北大学大学院生命科学研究科教授)らは、デンマークオーフス大学Christian Holm博士のグループとの共同研究により、自然免疫応答分子STING(Stimulator of interferon genes)がニトロ化不飽和脂肪酸によって不活性化されること、さらに、その不活化の分子機構を明らかにしました。本研究は、STINGの活性化に必要なパルミトイル化(当教室の向井助教らによる発見:Nature Communications 2016)を阻害する内因性の代謝物を初めて明らかにした報告になります。
 
STINGは、細胞質に出現したDNAに応答して、インターフェロン応答および炎症応答を惹起するタンパク質です。その発見以来、STINGはウイルスやバクテリアなどの感染・侵入時に細胞質に持ち込まれる異物由来のDNAに対する自然免疫分子というコンテキストで研究されてきましたが、ここ数年、自己由来のDNAにも応答して炎症応答を引き起こすことが明らかになり、大きな注目を集めています。例えば、老化や放射線被爆などにより核膜やミトコンドリア膜が傷つくと、これらオルガネラから細胞質にDNAが漏出してしまい、STINGはこの自己由来の細胞質DNAに応答して炎症を引き起こすことが示されています。
 
本研究により、ニトロ化不飽和脂肪酸は、これら自己DNAが引き起こす炎症に対する治療薬の開発に繋がることが期待されます。
本研究成果は2018年7月30日(米国東部時間午後3時)、米国科学雑誌「Proceedings of the National Academy of Sciences」で公開されました。
 
詳しくはこちら

2018/07/31
プレスリリース 衛生化学教室の新井洋由教授、 田口友彦特任准教授(現 東北大学大学院生命科学研究科教授)らが 自然免疫応答分子STING(Stimulator of interferon genes)がニトロ化 不飽和脂肪酸によって不活性化されること、さらに、その不活化の分子 機構を解明
2018/07/25
プレスリリース 有機反応化学教室の早田敦博士、伊藤寛晃助教、井上将行教授が、巨大複雑天然物ポリセオナミドBの新しい細胞死誘導メカニズムを解明
2018/07/18
プレスリリース 細胞情報学教室の圓谷奈保美 大学院生、本間謙吾特任助教、藤澤貴央助教、一條秀憲教授らの 共同研究チームは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)が発症する分子メカ ニズムを明らかに
2018/07/05
お知らせ 東京大学薬学部「女子中高生サイエンスツアー」開催のお知らせ
2018/06/30
受賞 有機合成化学教室・生長幸之助講師が2018年三井化学触媒科学奨励賞を受賞
2018/05/26
プレスリリース 薬品作用学教室(星雄高大学院生、 小山隆太准教授、池谷裕二教授)、生体分析化学教室(岡部弘基助教、船津 高志教授)、そして群馬大学大学院医学系研究科(柴崎貢志准教授)らの共同研究チームが、脳浮腫が生じる新たなメカニズムを解明
2018/05/09
プレスリリース 天然物化学教室の胡丹特別研究員、阿部郁朗教授らが、生物共生微生物における新規ステロイド生合成経路の解明に成功
2018/05/03
プレスリリース 薬品作用学教室の八幡洋輔大学院生および池谷裕二教授らが、熟慮後の失敗が学習を促進することを発見
2018/04/26
プレスリリース 薬品代謝化学教室の高橋翔 大大学院生、鏡味優大学院生、花岡健二郎准教授、浦野泰照教授らの 研究グループは、生きている細胞から臓器までのpHを蛍光で簡便に 計測する技術を開発
2018/04/24
プレスリリース 基礎有機化学教室の王 超 助教、内山 真伸 教授らが、不活性な C–O/C–N 結合を切断しながら高分子合成を行う新反応を開発
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑