メニュー

EN

トピックス

2018/08/26

蛋白構造生物学教室の長江雅倫特任研究員らが、がん化促進に関わる糖転移酵素GnT-V(N-acetylglucosaminyltransferase-V)の基質認識機構を立体構造から解明


東京大学大学院薬学系研究科蛋白構造生物学教室の長江雅倫特任研究員は、岐阜大学生命の鎖統合研究センターの木塚康彦准教授らとの共同研究により、がん化促進に関わるヒト由来の糖転移酵素GnT-V(N-acetylglucosaminyltransferase-V)の触媒ドメインの立体構造をX線結晶構造解析により明らかにしました。本研究は、GnT-Vの基質糖鎖の認識機構を原子レベルで初めて明らかにした報告となります。
 
細胞の表面は糖鎖で覆われており、糖鎖の変化は細胞の生理機能に大きな影響を与えます。GnT-Vは細胞表面の受容体の糖タンパク質に作用してb1-6分岐と呼ばれる糖鎖構造を形成します。b1-6分岐の形成はがんの悪性化を引き起こすことが古くから知られており、大きな注目を集めています。またGnT-Vは限られた糖タンパク質にのみ作用することから基質選別のメカニズムが議論されてきました。
 
本研究により、GnT-Vの特異的な阻害剤のデザインが可能になり、がんの悪性化のメカニズムの解明と、がんの悪性化を抑える薬剤の開発が進むことが期待されます。
 
本研究成果は2018年8月23日(日本時間8月23日(木)午後6時)、「Nature Communications」で公開されました。
 
詳しくはこちら

2019/03/25
受賞 遺伝学教室・三浦正幸教授が第22回比較腫瘍学常陸宮賞を受賞new
2019/03/25
受賞 薬品作用学教室の佐々木拓哉助教と東京大学医学部附属病院・薬剤部の山梨義英助教が平成31年度日本薬学会奨励賞を受賞new
2019/03/14
プレスリリース 生命物理化学教室の外山侑樹博士研究員と嶋田一夫教授らが、Rac1発がん性タンパク質の恒常活性化メカニズムを解明new
2019/02/27
プレスリリース 生理化学教室の北川大樹教授、渡辺紘己研究員、高尾大輔助教、伊藤慶(学部四年生)らが、Cep57-PCNT複合体による分裂期中心体の制御機構と、その破綻によるMVA症候群、MOPDⅡの発症機構を解明
2019/01/28
プレスリリース 薬化学教室の尾谷優子講師、劉しん大学院学生、大和田智彦教授らが、360度回転するラ クタムアミドの構築に成功
2019/01/17
プレスリリース 有機合成化学教室の三ツ沼治信 助教、田辺駿 学部生、布施拡 大学院生、金井求 教授らが、可視光のエネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒システムの開発に成功
2019/01/15
プレスリリース 天然物化学教室の胡志娟大学院生、淡川孝義講師、阿部郁朗教授らが、天然由来スルホンアミド抗生物質生合成に関わる新規多段階酸化酵素を発見
2019/01/11
プレスリリース 有機合成化学教室の若木貴行大学院生と金井求教授らの研究グループが、C-H結合を組み換えて炭化水素をアップグレードする触媒を開発
2019/01/09
プレスリリース 薬品作用学教室の野村洋助教(現・北海道大学大学院薬学研究院講師)、池谷裕二教授らの研究グループが、忘れた記憶を復活させる薬を発見
2019/01/07
受賞 生長幸之助講師(有機合成化学教室)、長友優典講師(有機反応化学教室)、宮本和範講師(基礎有機化学教室)がThieme Chemistry Journal Award 2019を受賞
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑