メニュー

EN

トピックス

2018/09/07

蛋白構造生物学教室の清水光大学院生、藤間祥子助教、清水敏之教授がグアニンヌクレオチド交換因子SmgGDSによる脂質修飾された低分子量Gタンパク質の認識および新規GEF機構を解明


東京大学大学院薬学系研究科の清水光 大学院生、藤間祥子 助教、清水敏之 教授らの研究グループは、低分子量Gタンパク質RhoAのグアニンヌクレオチド交換因子であるSmgGDS-558によるRhoAの認識機構を、世界で初めて明らかにしました。本研究成果は2018年9月6日付でProceedings of the National Academy of Sciences (オンライン版)に掲載されました。
 
発表論文
雑誌名:Proceedings of the National Academy of Sciences, USA
論文タイトル:GEF mechanism revealed by the structure of SmgGDS-558 and farnesylated RhoA complex and its implication for chaperone mechanism
著者:清水光*, 藤間祥子, 堅田利明, 紺谷圏二, 清水敏之†(*筆頭著者、†責任著者)
DOI番号:10.1073/pnas.1804740115
論文へのリンクはこちら
https://doi.org/10.1073/pnas.1804740115
 
低分子量Gタンパク質はGDP結合型/GTP結合型を行き来することで分子スイッチとして働き,細胞増殖や骨格形成といった重要な細胞機能を制御するタンパク質です。グアニンヌクレオチド交換因子(Guanine-nucleotide exchange factor: GEF)はGDP/GTPの交換を促進することでこの低分子量Gタンパク質の活性を管理しています.SmgGDS-558はRhoAに対するGEFであり,既知のGEFにみられる活性ドメインを持っていないことや低分子量Gタンパク質の翻訳後脂質修飾を認識することなど特異な性質を持つことが知られています.しかし,どのようにしてSmgGDS-558がRhoAに対してGEFとして働くのか,脂質修飾を認識するのかは明らかになっていませんでした.
本研究グループは、X線結晶構造解析によりSmgGDS-558によるRhoAの認識機構を明らかにしました。SmgGDS-558はRhoAと1:1複合体を形成し、RhoAのグアニンヌクレオチド認識部位を大きく構造変化させることでRhoAからのGDPの解離を促進していました。またSmgGDS-558はRhoAとの結合時に自身の構造を変化せることで隠されたポケットをあらわにし、RhoAの脂質修飾部位を認識していました。本知見は、構造解析によってはじめて得られたものであり、今後低分子量Gタンパク質やSmgGDSを標的とした治療薬の開発に寄与すると考えられます。
 
詳しくはこちら

2019/08/28
プレスリリース 薬学系研究科薬品代謝化学教室の浦野泰照教授、医学系研究科生体情報学分野の河谷稔博士課程学生、山本恭子博士課程学生、神谷真子准教授らが、前立腺がんをその場で光らせて検出する新しい種類の蛍光試薬を開発
2019/08/28
プレスリリース 生理化学教室の高尾大輔助教・山本昌平研究員 ・北川大樹教授が、中心小体複製の制御メカニズムをモデル化
2019/08/02
プレスリリース 薬化学教室の翟 璐晗(ザイ ルーハン)特任研究員と大和田智彦教授らが、アルツハイマー病に関係していると考えられているアミロイドβの凝集構造の起源について計算化学を用いて解析し、今まで認識されていなかった弱い電子相互作用を疎水性領域に発見
2019/07/07
プレスリリース 天然物合成化学教室の伊藤寛晃助教、井上将行教授らの研究グループが、OBOCライブラリー戦略の応用により強力な抗菌活性を示す人工化合物群の創出に成功
2019/06/21
プレスリリース 天然物合成化学教室の今村祐亮大学院生、長友優典講師、井上将行教授らが、がん細胞毒性を有する複雑天然物1-ヒドロキシタキシニンの全合成に成功
2019/06/10
プレスリリース 化学物質安全性評価システム構築(社会連携講座)の竹内春樹特任准教授、および薬品作用学教室の中嶋藍特任助教と伊原尚樹大学院生らの研究グループが神経回路形成の新たなルールを解明
2019/06/05
プレスリリース 薬品作用学教室の小山隆太准教授と安藤めぐみ大学院生らの研究グループが、自閉症モデルマウスを用いて、自閉症の治療における運動の有効性とマイクログリアの関与を発見
2019/05/26
プレスリリース 薬品作用学教室の折田健大学院生と池谷裕二教授らが、人工知能を用いたヒトiPS由来細胞培養の品質管理法を開発
2019/05/23
イベント 東京大学ITヘルスケア社会 連携講座と3Hホールディングスが、患者による情報の管理と利活用に 基づいた患者中心の医薬品開発の推進についての新プログラムを開始し、 2019年5月20日に記者会見を開催
2019/05/23
プレスリリース 機能病態学教室の堀由起子助教と富田泰輔教授、有機合成化学教室の相馬洋平グループリーダーと金井求教授らが、タウアミロイドに対する光酸素化の凝集抑制効果を解明
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑