メニュー

EN

トピックス

2018/09/20

東京大学医学部附属病院・薬剤部の池淵祐樹 助教、本間雅 講師、鈴木洋史 教授らの研究グループは、骨芽細胞に発現するRANKLが骨芽細胞分化・骨形成を促進するシグナル受容分子として機能することを初めて発見


東京大学医学部附属病院・薬剤部の池淵祐樹 助教、本間雅 講師、鈴木洋史 教授らの研究グループは、骨芽細胞に発現するRANKLが骨芽細胞分化・骨形成を促進するシグナル受容分子として機能することを初めて発見し、骨粗鬆症の新規治療標的になり得ることを示しました。本研究成果は2018年9月5日付でNature(オンライン版)に掲載されました。
 
発表論文
雑誌名:Nature
論文タイトル:Coupling of bone resorption and formation by RANKL reverse signalling
著者:池淵祐樹*,青木重樹*,本間雅*†,林円香,菅森泰隆, Masud Khan, 苅谷嘉顕,加藤玄樹,田畑泰彦, Josef M. Penninger, 宇田川信之,青木和広,鈴木洋史
(*共同筆頭著者、†責任著者)
DOI番号:10.1038/s41586-018-0482-7
論文へのリンクはこちら
https://doi.org/10.1038/s41586-018-0482-7
 
 RANKLは骨芽細胞や、骨芽細胞から分化して形成される骨細胞に強く発現する分子であり、破骨前駆細胞に発現するRANKを刺激し、破骨細胞の成熟と骨吸収の促進を行うシグナル入力分子として知られており、RANKLに対する中和抗体は骨吸収を抑制する骨粗鬆症治療薬として臨床応用されています。従来、生体内で破骨前駆細胞に対してRANKLシグナルを供給している細胞は、骨表面に局在している骨芽細胞であると想定されてきました。しかし近年、骨細胞特異的なRANKL遺伝子欠損マウスを用いた解析などから、生理的にRANKLシグナルの主要な供給源となっているのは、骨基質中に分散して存在する骨細胞であることが明らかにされました。このため逆に、骨芽細胞に発現するRANKLの生理的な役割に関しては不明瞭な状態となっていました。
 本研究グループは、骨芽細胞に発現するRANKLが、成熟途上の破骨細胞から膜小胞の形で放出されるRANKを認識するシグナル受容分子として機能しており、骨芽細胞分化の促進および骨形成の上昇に寄与していることを、RANKLの細胞内ドメインにPro29Ala変異を導入したマウスを用いた解析などから明らかにしました。さらに、RANKLの細胞外ドメインに結合してRANKへの結合を阻害すると同時に、RANKL逆シグナルの活性化を誘導できる改変抗体を創製し、骨吸収の抑制作用と骨形成の促進作用を両立させられることを、骨粗鬆症モデルマウスを用いた薬理試験で示しました。一連の結果から、骨芽細胞に発現するRANKLは、骨形成を促進するための創薬標的になり得ると考えられ、骨粗鬆症新規治療薬の開発に繋がるものと期待されます。
 
 

2019/04/19
プレスリリース 生理化学教室の山本昌平特任研究員と北川大樹教授が、Plk4の自己組織化特性による中心小体複製の制御機構を解明new
2019/04/10
受賞 生長幸之助講師(有機合成化学教室)、林久允助教(分子薬物動態学教室)が平成31年度文部科学大臣表彰を受賞new
2019/04/09
受賞 阿部郁朗教授(天然物化学教室)、宮本和範准教授(基礎有機化学教室)、川島茂裕特任講師(有機合成化学教室)が平成31年度文部科学大臣表彰を受賞
2019/04/02
プレスリリース 天然物化学教室の淡川孝義講師、阿部郁朗教授らが、糸状菌の生産する医薬品シードメロテルペノイド化合物アスコフラノンの生合成経路を解明し、遺伝子破壊の手法によりその大量生産系の構築に成功
2019/03/25
受賞 遺伝学教室・三浦正幸教授が第22回比較腫瘍学常陸宮賞を受賞
2019/03/25
受賞 薬品作用学教室の佐々木拓哉助教と東京大学医学部附属病院・薬剤部の山梨義英助教が平成31年度日本薬学会奨励賞を受賞
2019/03/14
プレスリリース 生命物理化学教室の外山侑樹博士研究員と嶋田一夫教授らが、Rac1発がん性タンパク質の恒常活性化メカニズムを解明
2019/02/27
プレスリリース 生理化学教室の北川大樹教授、渡辺紘己研究員、高尾大輔助教、伊藤慶(学部四年生)らが、Cep57-PCNT複合体による分裂期中心体の制御機構と、その破綻によるMVA症候群、MOPDⅡの発症機構を解明
2019/01/28
プレスリリース 薬化学教室の尾谷優子講師、劉しん大学院学生、大和田智彦教授らが、360度回転するラ クタムアミドの構築に成功
2019/01/17
プレスリリース 有機合成化学教室の三ツ沼治信 助教、田辺駿 学部生、布施拡 大学院生、金井求 教授らが、可視光のエネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒システムの開発に成功
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑