メニュー

EN

トピックス

2018/11/13

宇井理生名誉教授が文化功労者に選出


このたび、宇井理生名誉教授が薬学・生化学・薬学教育の分野における多大な貢献により、平成30年度の文化功労者に顕彰されました。宇井先生は生体機能を司るホルモンなどの刺激が細胞内部に情報として伝えられる仕組みを明らかにし、特に受容体刺激を仲介するGTP結合タンパク質(Gタンパク質)の発見、同定に関して多数の重要な業績を上げられました。特筆すべきは、Gタンパク質活性を阻害することで毒性を発揮する百日咳毒素の研究を土台に、極めて独自性のある研究を展開して同分野を国際的に牽引されていたことです。この成果をもとに、Gタンパク質を介する情報伝達系の分子機構が次々に明らかにされ、生命の基本ともいえる細胞内情報伝達機構の研究の発展に尽力されてきました。
宇井先生は、本学在職中は評議員、退職後は理化学研究所特別招聘研究員、東京都臨床医学総合研究所長、徳島文理大学香川薬学部長、高崎健康福祉大学理事、薬学部長などを歴任され、宇井先生の深遠な研究哲学・教育理念は若手研究者を惹きつけ、これまでに数多くの人材を教育され、薬学・生化学分野に優秀な研究者を輩出されてきました。国内の細胞内情報伝達研究の興隆を支えたその御功績はまことに顕著です。
宇井先生はこれらの優れた業績に対して、これまでに上原賞、日本薬学会賞、学士院賞、ポール・エールリッヒ国際医学賞などを受賞されています。
このたびのご栄誉を心よりお祝い申し上げますとともに、益々のご健勝とご活躍を祈念いたします。

平成30年度文化功労者(文部科学省ウェブサイト)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/11/attach/1410437.htm

2019/04/19
プレスリリース 生理化学教室の山本昌平特任研究員と北川大樹教授が、Plk4の自己組織化特性による中心小体複製の制御機構を解明new
2019/04/10
受賞 生長幸之助講師(有機合成化学教室)、林久允助教(分子薬物動態学教室)が平成31年度文部科学大臣表彰を受賞new
2019/04/09
受賞 阿部郁朗教授(天然物化学教室)、宮本和範准教授(基礎有機化学教室)、川島茂裕特任講師(有機合成化学教室)が平成31年度文部科学大臣表彰を受賞
2019/04/02
プレスリリース 天然物化学教室の淡川孝義講師、阿部郁朗教授らが、糸状菌の生産する医薬品シードメロテルペノイド化合物アスコフラノンの生合成経路を解明し、遺伝子破壊の手法によりその大量生産系の構築に成功
2019/03/25
受賞 遺伝学教室・三浦正幸教授が第22回比較腫瘍学常陸宮賞を受賞
2019/03/25
受賞 薬品作用学教室の佐々木拓哉助教と東京大学医学部附属病院・薬剤部の山梨義英助教が平成31年度日本薬学会奨励賞を受賞
2019/03/14
プレスリリース 生命物理化学教室の外山侑樹博士研究員と嶋田一夫教授らが、Rac1発がん性タンパク質の恒常活性化メカニズムを解明
2019/02/27
プレスリリース 生理化学教室の北川大樹教授、渡辺紘己研究員、高尾大輔助教、伊藤慶(学部四年生)らが、Cep57-PCNT複合体による分裂期中心体の制御機構と、その破綻によるMVA症候群、MOPDⅡの発症機構を解明
2019/01/28
プレスリリース 薬化学教室の尾谷優子講師、劉しん大学院学生、大和田智彦教授らが、360度回転するラ クタムアミドの構築に成功
2019/01/17
プレスリリース 有機合成化学教室の三ツ沼治信 助教、田辺駿 学部生、布施拡 大学院生、金井求 教授らが、可視光のエネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒システムの開発に成功
東京大学

東京大学 薬友会 薬学振興会
国際フォトテラノスティクス共同研究教育拠点 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ
ワンストップ創薬共用ファシリティセンター 創薬機構
東大アラムナイ 東京大学基金

Copyright© 2018
東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部
All Right Reserved.
Produced by coanet

ページの上部へ↑